ホーム > カテゴリー - つれづれ

陶芸に挑戦

草月流の本部で、夏にいろんな分野の芸術家の方にアートを教えてもらう「サマーセミナー」という先生向けのイベントがあります。
今年は、陶芸に挑戦してみました。人生で3度目。
IMG_7724.jpg
これは焼く前なので、出来上がりの色は違い、下半分は白に、上半分は淡い緑色になる予定です。
IMG_7725.jpg
上のほうにガラスが埋められているのがわかるでしょうか? このガラスが窯の中で溶け、ちょうど溶岩が溶け出すような形に上の部分が変化する予定です。どうなるか、本当の仕上がりは焼いてみないと分かりません。

桑田卓郎先生という若い陶芸家の方が教えてくださいました。このガラスを使うというのは非常にレアな手法で、ガラスが溶け出すため窯を傷めるやもしれず、非常にリスキーな技術らしいです。
先生の作品は例えばこんな感じとか
CCcEo_WUIAEj8eg.jpg
こーんな感じとか。
photo1_1.jpg
こちらが先生。陶芸の世界に新しい風を起こしているすごい作家さんなのに、全然気取らなくて気さくに教えてくれて、いろいろな意味でびっくりです。こういう芸術家の方は、ちょっと近寄りがたいような空気があるのかな、とそんな偏見を抱いていました。
ものすごく謙虚で気さくな先生でした。
storiesThumbWonderfulKuwata.jpg
できあがりは、10月末頃。また出来上がったら、ご報告します。

話が変わりますが、いけばなインターナショナル東京支部の財務理事のお役をこのたび任期満了で終了することができました。
Presidentから感謝状を頂きました。
13501737_1076825679032865_5156508201222234139_n.jpg
分からないことだらけでしたが、他の理事の皆さんに助けて頂きながら、お仕事を終えることができて感謝しています。
頂いた写真の中から一番の思い出写真を。
P1030117.jpg
未生流笹岡のお家元のデモンストレーションで通訳をさせて頂いたときのもの。
P1110153.jpg
他流派のデモということで、どんな話をされるのかも分からずドキドキで、しかもスライドを見ながらずっと1時間お話しされるということで、一体この大役を果たせるのかどうか、本当に緊張したのを覚えています。お家元の本を買いあさって勉強しました。

さて、先日、私の師匠、富田双康先生が、90歳を迎えられました。それを祝う卒寿の会があり、発起人の一人として司会を務めさせてもらいました。
IMG_7760.jpg
初代家元のころからずっと75年、ずっと生け花の道を究めてきたきた先生で、草月流の生き字引のような人です。
FullSizeRender_20160810170803d51.jpg
就職したてのころより、転職、結婚、出産とずっと30年近く私を見守ってくださり、もはや花を見てもらっているのか、人生をみてもらっているのか、というぐらいの師匠です。自分の娘が、私が弟子入りした21歳になり、年月の移り変わりを感じます。
その師匠の言葉。
「私は、卒寿は人生の折り返し地点だと思っております」
なかなかこんな90歳はいません。私なんかまだ人生、はじまってもいないぐらいです。前に進む勇気をもらえました。

まだまだ、精進して頑張りたいと思います。
最後まで読んで頂いてありがとうございました。
[ 2016/08/10 17:17 ] つれづれ | トラックバック(-) | CM(0)

山本寛斎さんと草月会のコラボイベント

久しぶりの更新です。近況は基本的にFacebookで行っているので、一刻もはやく知りたい、という方はそちらに訪問してくださいね。ホームページにリンクボタンが貼ってあります。
生徒のみなさんはお気軽に友達申請を。すぐに連絡も取れるので、やはり便利です、Facebookは。
最近は、Innstagramをやったほうがいい、という意見もあって、そうすると、あちらこちらになって、それだけで時間を取りそうなので、考えちゃいますね。便利すぎて、かえって不便という変な状況です。

さて、先日山本寛斎さんと草月会がタッグを組んだ壮大なイベントがあり、そこに出演させて頂いたので、その報告を。
3_large_convert_20160805135737.jpg

イベント名は「日本元気プロジェクト」
こちらがイベントのサイト
日本を元気にするようなイベント、ということで、山本寛斎さんが総合プロデュース、草月流の茜お家元が特別協力という形で、ファッションショーと生け花がドッキングしたような色彩あふれるものでした。

まずは、準備として、自分が持つ竹のオブジェ制作に草月会のアトリエへ。
IMG_7634.jpg
すごい竹の量です。草月流といえば、竹。竹を割る特別の器具もアトリエにはあります。
IMG_7635.jpg

こちらが竹を割った「割り竹」 草月流では、いろいろなインスタレーションで活躍する花材で、竹は細く割られると、非常に弾力性のある柔らかな素材へと変化するので、その特徴をいかします。
IMG_7633.jpg
オブジェの骨組み完成。

さて、イベント前日。舞台に巨大なインスタレーションをみんなで作っていきます。

DSC_4950_xlarge_convert_20160805140117.jpg
草月では、こういう制作のときには、上下黒になるのがお決まり。
IMG_7638.jpg
会場は代々木第2体育館。広いので、作るものも大きくなります。
IMG_7636.jpg
本部の方より、見せて頂いたデザイン画。この形に向けて、みんなで力を合わせていきます。もはや大工工事です。
IMG_7698.jpg
上部だけ竹が割られた「竹火山」
IMG_7700.jpg
波のようにうねる竹のインスタレーション。
IMG_7709.jpg
こちらは竹でできたスクリーン。竹の裏面を利用して、草月ならではのスクリーンが登場しました。
IMG_7708.jpg
全体像。
IMG_7687.jpg
照明があたると、また別の表情を見せます。

さて、当日。
当日は華やかなファッションショーなどが舞台上で繰り広げられます。
39_large_convert_20160805140035.jpg

草月の担当は、最後のとり。壮大な音楽とともにお家元がランウェイの上で大きな作品を作りあげていきます。
IMG_7697.jpg
登場したのは、巨大な藤づる。これで骨格が作られていきます。
IMG_7674.jpg
ドウダンツツジが入りました。寛斎さんは、この作品を「元気の木」と呼んでいました。
IMG_7705.jpg
いよいよ完成間近というときに、いよいよ私たち、「草月チーム」の登場。
IMG_7701.jpg
大きな竹のオブジェを抱えながら、ランウェイを取り囲みます。
4_large_convert_20160805135903.jpg
音楽もヒートアップして、私たちは、大きなオブジェを掲げながら、小躍り状態。
IMG_7673.jpg
いざ完成!!!
圧巻の眺めです。
IMG_7711.jpg


こちらが山本寛斎さん。熱い方でした。
42_large_convert_20160805140051.jpg

さて、こちらは練習のとき。楽しそうにオブジェを掲げる私がいます。
DSC_4985_xlarge_convert_20160805140142.jpg
実は本番はヘアメイクが入りました。ヘアメイクにもテーマがあって、みんな同じメイクをしてもらうのですが、これがまた斬新で!
来てもらった生徒さんに、一生懸命アピールしてもなかなか私だと気づいてもらえませんでした。
その写真がこちら。
IMG_7690.jpg
来てもらった生徒さんとパチリ。
IMG_7680.jpg
最後に草月チームのみんなで、お家元を囲んでパチリ。
9_large_convert_20160805135933_20160805233633a58.jpg


熱い夏の2日間でした。こういう新しいことにどんどん取り組んでいく流派だからこそ、楽しくてこんなにも長く続けてこられたんだな、と実感。お忙しい中、たくさんの生徒さんに来ていただきました。本当にありがとうございました。

つたないイベントレポートでした。
[ 2016/08/05 23:40 ] つれづれ | トラックバック(-) | CM(1)

陶芸の旅

12月のはじめ、福井県の武生というところに、陶芸に行ってきました。
ここに草月流の陶房があり、本部で知り合った他の先生仲間と陶芸の勉強へ。

12341315_960491960666238_1757888562507247020_n.jpg
草月貸切の旅館ということで、実は合宿所のようなところを想像して期待していなかったのですが、綺麗で驚くほどお料理のおいしいびっくりぽんの素晴らしい旅館でした。
こちらが部屋からの風景。
12308790_960491980666236_3697654123377362208_n.jpg
草月陶房の中

12311045_960491990666235_2651713739704483124_n.jpg
まずひとつめは、花展用に大きな花器が欲しくて、背丈が60cmほどの花器を作りました。
12246647_960492013999566_2451996311923811956_n.jpg
こちらは裏側。両面使えると面白いと思って、表面、裏面で違う表情にしてみました。釉薬は、深い青色を陶房の方に、素焼きの後、かけて頂くことになっています。

12341282_960492060666228_6758683763351291139_n.jpg
ふたつめは中ぐらいの大きさ。中の割れたような質感をいかしたくて、そのままにしてあります。こちらは渋い赤い色で。

12308669_960492077332893_8215173179828001636_n.jpg
3つめは小さなもの。まだらの墨色になる予定。

1泊で、1日目2日目と陶芸に取り組んで、集中できて、心の洗濯にもなったような気がします。

そして、東京に帰るやいなや、翌日はいけばなインターナショナルのフェアがありました。
お誘いしてきて下さった生徒さんやお友だち、本当にありがとうございました。ばたばたと働いていて、ほぼ案内できずに本当に申し訳なかったです。楽しんでいただけましたでしょうか?

12310700_961409303907837_7138228700566277438_n.jpg
各流派お家元による花展あり
12316202_961409987241102_3313708020631196357_n.jpg
各国大使館のブースあり。
12299272_961409473907820_1670885662077816577_n.jpg
こちらはロシアですね。

来てくれたアメリカ人の生徒さんたちは、やたらお買い物に興奮していたけど、何を買ったのだろう?
12308448_961409350574499_4201338085179950853_n.jpg
本当にありがとうございました。
また来年もお誘いしますので、ぜひぜひ、来てくださいね。

次はクリスマスリース・レッスンの様子をアップしようと思います。
[ 2015/12/24 13:28 ] つれづれ | トラックバック(-) | CM(0)

8月はレッスン、お休みです。

8月は、お稽古お休みさせて頂いています。
どの生け花教室もほぼ8月はお休みです。あまりに暑く、花がまったくもたないため。ちょっとお休みして、秋への英気を養うためでもあります。

このブログは生徒さんが、よく見てくださっているので、今日は、全く花に関係のない内容ですが、7月終わりから8月にかけて行ったアメリカ旅行の模様をかいつまんで、ご報告しようと思います。
はじめてこのブログを訪れた方は、生け花教室「アトリエ双香」とは全然関係ないので、ぜひ他のページを見てくださいね。
他のページは基本的に、花関係のブログとなっています。

インドにあるボーディングスクールに通う次女が、アメリカ大学への進学も考慮中のため、今回はその下見に大学見学に行ってきました。
この大学見学、というのは、アメリカ人の高校生なら必ずやるものです。

でも、アメリカはだだっぴろくて、かつ大抵の大学というものは、かなりな田舎に建っています。
国内線と長距離列車を駆使するハードな旅でした。
IMG_4603.jpg
これがアメリカの長距離列車、Amtrak
IMG_4581.jpg
こちら、NYのペン駅ですが、なんとアメリカの列車って、どのホームに着くかギリギリまで分からないんです。
だから、掲示板を見つめる人々の山、そして山です。なんとも効率が悪い
ホームが分かると、ばばばーと移動して、あっという間に発車となります。なんか全てがぎりぎりです。

初日、時差ぼけがひどく、長距離列車にも関わらず、爆睡してしまい、駅を乗り過ごしました。
車掌さんがやってきて、「あれ、どこで降りるんだっけ?」
私「え、○○○です」
車掌「OH! MY GOD!」のやり取りが今でも忘れられません。
そういえば、隣の人も「OH! My God!」って言ってた。

車掌さんに途中の変な無人駅で降ろしてもらい、引き返す電車に拾ってもらったので、まあ、あんまりアメリカの電車の効率の悪さばかり、責められませんね。

着くと、まあ、大抵こんな田舎町。
IMG_4600.jpg
今回は、フィラデルフィア、ハートフォード、ポーキシー、プロビダンス、クレアモント、と5箇所、東海岸も西海岸も回ったのですが、まあ大学の周りは、大体どこも同じ感じです。

IMG_4592.jpg
大学へ行くと、受付を済ませ、見学ツアーに出発。さすがに受験だけあって、アメリカ人もさすがに「イエーイ」みたいなのりはないです。どことなく緊張している感じ。
IMG_4728.jpg
これ全部受験生とその親です。ちょっと見ると、観光ツアーみたいですね。広い校内を在校生に案内されて見て行きます。
IMG_4610.jpg
大学によっていろいろですが、お城のような建物もあれば
IMG_4611.jpg
教会のような図書館もあり、
IMG_4685.jpg
ここは、ちょっとハリーポッターの世界を彷彿とさせます。

案内してくれた生徒も、ハリーポッターみたいでしょ!と言っていたし。
IMG_4687.jpg
確かに!
IMG_4686.jpg
でも、ここは次女が気に入らず、却下となりました。

IMG_4731.jpg
寮の部屋を見たり
IMG_4597.jpg
スポーツ施設を見たり。
IMG_4684.jpg
どの大学もジムは完備されていて、そのへんのスポーツクラブよりも設備がすごいのがまた驚きです。
IMG_4710.jpg
大学自体巨大なので、校内は代々木公園のようです。

IMG_4723.jpg
とある大学で、ご両親がずーっと手をつなぎながらツアーに参加していて、やたら微笑ましかったです。
隣の娘さんは無表情でしたけど。

というようなことを弾丸でやっていたので、最後の1日ロスでの観光を除いて、観光はなし。
IMG_4620.jpg
NYのセントラルステーションで、次女に「ほら、ここ観光名所だから。今、観光してるよ、一応!写真撮ろう!」とか言っていたのを思い出します(笑)
IMG_4605.jpg
NYには2泊したにも関わらず、朝列車に乗り、夜ホテルに帰ってくるのみだったので、どこにも行けずじまい。
ただ車中から見たマンハッタンは綺麗でした。

最後の1日だけロスで観光。
IMG_4772.jpg
第1回アカデミー賞の授賞式が行われたという有名ホテル「ルーズベルト・ホテル」に宿泊。
ネット予約で60%オフで、泊まれました。
IMG_4750.jpg
授賞式が行われた会場。
IMG_4745.jpg
クラシックなロビー。歴史を感じるというか、そういった才能があれば、たくさんゴーストが見れそうな重い雰囲気で溢れてました。
見れなくて、良かったような残念だったような。映画通の中では、「出るホテル」として有名だということを、後から知りました。

IMG_4822.jpg
パラマウントのスタジオ見学へ。
IMG_4815.jpg
アメリカの町並みが広大な敷地内に作られてます。「ここは、シドニーにもなるし、NYにもなる」とガイドに案内されました。
確かに、ロスとNY、かなり離れてるから、中に作ってしまえば、便利です。
京都の太秦映画村みたいなもんですね。
IMG_4832.jpg
ビヨンセのPVで使用されたという車。

最後は、チャイニーズシアターで「ミッション インポッシブル」を観て帰国となりました。
IMG_4759.jpg
実は中は重厚な作りなんです。これ、天井です。
IMG_4839.jpg

そんなこんなの1週間で、無事日本にたどり着きました。そして、今週末はいよいよインドへ。
インドのムンバイとニューデリーでの生け花デモンストレーションとワークショップ、どうなることやら。
あちらのインド人とは、テーマや構成について何度もメールを交わし、多分100回以上はメールを行き来させたと思います。
あとは、いい花材に出会え、アイデアが振ってくることを祈るのみ。

行って来まーす。

[ 2015/08/11 17:07 ] つれづれ | トラックバック(-) | CM(0)

明日館でのお家元のデモンストレーション

P1050946_20140224211251304.jpg

少しずつではありますが、春めいてきたような気がします。
お花は、これぞ2月!というような春を告げる花が、次々と市場に並び始めました。

例えば、上の写真。これは、椿(つばき)。
椿は、生け花をやっているものは誰もが憧れる花ですが、今回は、思い切って、葉と花を分けていけてみました。
葉を掃除することによって、つぼみの可憐さを強調したかったのがひとつ。
あとは、葉の美しさを見せたかったのがひとつ。
こうやって、葉だけ集めると、それ自体花のように見えてきませんか?
椿の葉は、艶感のある光沢が美しい葉です。

P1060117.jpg

こちらはフリージア。池の上に、すっと降り立った鳥のような、凛とした姿を表現してみました。

さて、今日は先日行われたお家元のデモンストレーションの様子をレポートしようと思います。

P1060021.jpg

池袋にある明日館という、フランク・ロイド・ライト設計の築100年の伝統的な建物の中で。
シンメトリーな構成が、教会っぽい厳かな雰囲気をかもし出す場所でした。

デモというのは、ゲストの目の前で、次々生け花をいけていくショーのようなもの。
いけていく過程がすべて見られるので、とてもエキサイトな生け花イベントです。

お家元がいけられた作品を一部ご紹介。

P1060026.jpg
アロエとごつごつした花器との関係性が素敵です。バタフライのように揺れるこでまりの美しいことといったら。

P1060029.jpg
黄色い花はれんぎょう、白い花は雪柳。

P1060027.jpg
ピンクの花はぼけ、白いのは、晒し蔓。

P1060033.jpg
白いのは、着色したからたち。棘が優雅な花材です。

P1060031.jpg
そして、大作の前のお家元を激写!
最後は、この大きな作品をいけられました。緑のものは、竹です。
竹を割ったものを生け花用語で「割り竹」というのですが、これを5人がかりで、ぐるんぐるんと動かして固定するという、とてもダイナミックないけこみを間近で見ることができました。

最後はこの大作の前で、来ていたみんなと家元の大撮影会みたいになったので、これは便乗せねば!と私も2ショットで撮って頂きました。
P1060036.jpg

はい、実は着物で行ったのです。最近、着物を着るのに、はまっています。
なかなか着ていく機会がないので、こういうイベントのときこそ着なくっちゃ!と着てみました。
P1060035.jpg

私のお教室からも何人か生徒さんがこのデモを見に行きました。
ただ、私がいつも外国から来た生徒さんにかかりっきりになるので、申し訳ないです。
でも、彼女たちは、日本語が全くできないので、出来るだけサポートしたいと思っています。
きっと言わないけど、不安なんじゃないかなあと。
言葉を失われると、不安なんですよね。私の経験からなのですが。

P1060024.jpg
一緒にパチリ。テキサスのサンディとドミニカのラウラです。

P1060037.jpg
シンガポールのグゥエンも一緒。今回は、みな夫連れでした。
私は、上の大学生になる娘も一緒。夫たちは、初めてのいけばなにものすごく感動してくれたみたいでした。
めでたし、めでたし。

次回は、2月のお稽古レポートをしようと思います。

私の近況としては、明日、新しく売り出される陶芸の花器のパンフレット用いけこみがあるので、大忙し。
高さ2メートルほどの大きなものを作ります。

あとは、スタイリングのお仕事がその次の週に。
カガミクリスタルという「日本のバカラ」的な高級クリスタルメーカーの広告のためのテーブルコーディネートをやらせて頂けることになりました。

ひとつひとつ、心をこめて、丁寧なお仕事ができればいいなと思います。

では、最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。
[ 2014/02/24 22:02 ] つれづれ | トラックバック(-) | CM(0)
プロフィール

MIKA OTANI

Author:MIKA OTANI


生け花サロン・アトリエ双香を主宰。毎日のさりげない遊びで日常をゆるやかに過ごせたらいいな。
そう思います。
http://www.atelier-soka.com
http://www.mika-otani.com