ホーム > カテゴリー - いけばな・フラワーアレンジphoto

チームアトリエ双香・展覧会での作品集

今日で展覧会のレポートも最後にしようと思います。
最後はもちろん、作品の紹介で!

僭越ながら、私の作品から。
P1070430.jpg
花材は、白く着色したシダレグワ、八重桜、ツツジ、ピンクに着色したキウイツル、漂白シダ、石膏で作ったオブジェです。
鉄花器は、親先生から借りたものを白とピンクに着色しました。
右から左へ流れているような、左から上に上っているラインが、しだれ桑で、この作品の骨組みになっています。
高さは、ほぼ3メートルぐらい。脚立に登ったり下りたりしながら制作しました。
P1070432.jpg
このふわふわと羽のように飛んでいるものは、石膏で作ったもの。
発泡スチロールを切り、そこに石膏をかぶせてあるので、意外に軽く、ワイヤーで飛ばすことができます。
自分が石膏まみれになって作った努力の品です(笑)
花に合わせて、ピンク系で着色しました。
P1070434.jpg
この鉄花器は、水を入れる容量が少ないので、花ばかり使うと水を花が飲めなくてダメになりそう。
ということで、右側をオブジェ的なもので制作することにしたのです。
P1070431.jpg
とにかく細長い花器ですので、転倒したら大変!
そこで、しだれ桑を両方の花器にしっかりと留め、バランスを保っています。

作品名は、「おたまじゃくしのサンクチュアリ」
サンクチュアリとは聖地のこと。石膏のオブジェを「春のおたまじゃくし」に見立てました。

では、生徒さんの作品を。
P1070426.jpg
アイルランド人、ダミアンの作品。どことなく、和と洋のコラボレーションを感じます。
P1070428.jpg
ニューサイランの組み方を何度も練習して本番に挑みました。流木が効いています。
P1070437.jpg
アメリカ人、サンディの作品。シンプルだけど、ゴージャス!
P1070439.jpg
シンガポール人、グゥエンの作品。このために、飛行機で飛んで来てくれました。
花器は自作の陶芸作品。鳥が飛び立つようにも見えます。
P1070440.jpg
竹にドリルで穴を開け、大きな輪にしてワイヤーに固定。大工仕事みたいだったけど、頑張ったかいあって、華麗な作品になっています。
a98be8f4c730578a0abfabfdb553c0333a51d84.jpg
関東一大きな石屋さん。普段は日本庭園を造っている生徒さんなので、なんとこの花器、自作です。
花材もほぼ自宅の庭から。流れるような雲竜柳の腺が大胆で秀逸です。
P1070443.jpg
つるソケイを使って。ソケイの優しいラインが魅力的な温かい作品。
実はこれ、シンプルそうに見えて、高い技術力が必要な作品です。本当に頑張りました!
P1070446.jpg
花器は、亡くなった以前の先生からの贈り物だそうです。
その先生へのオマージュから始まった作品作りでしたが、花器のインパクトが強すぎて苦労しました。
最後は、谷渡りとワイヤーでアーティスティックな作品へと昇華。
510dd27f729e84fa5830b1feae45cc99e85d2fc.jpg
ご実家が長野で、なんとこの大きな藤づるはご実家の庭に転がっていたもの。
着色したほうき草もお庭から。「ブラボー!長野!」と大声を出したくなる作品。
P1070444.jpg
アイデアから制作までほぼ一人で完成。珊瑚水木の踊るような腺が大胆でありながら優美です。
横に切れ目の入った特殊な花器で、まるで花器からピンポンマムが湧き出ているようにも見えます。
P1070448.jpg
職業はお花屋さん。ドウダンツツジの左右に広がるような空間の取りこみ方が、春のみずみずしさを感じさせます。
P1070447.jpg
すり鉢状の花器に呼応するかのように、ガーベラが水面ぎりぎりにいけられています。
とても考えられた作品。
P1070450.jpg
元お花屋さんの作品。花水木のすがすがしい白い花と真っ青の花器が、晴れ上がるような気持ちにさせてくれます。
作品名は「空」
P1070451.jpg
お母様に送っていただいたご実家のアロエ。着色キウイツルと一緒になって、エスプリを感じさせる作品に。
P1070452.jpg
黒蝶という名前のダリア。そのダイアの特徴をいかして、不思議な蔓の舞とコラボさせています。
P1070455.jpg
剛健な谷渡りに弾むようなクラスペディアをあえて合わせた、軽やかで陽気で楽しい作品。
谷渡りの中には、ところどころに黄色いビー玉が入っています。
P1070457.jpg
アンスリウムの面を思い切って充分にいかした作品。動きがある上に、新しさもある作品。
P1070453.jpg
珊瑚水木を組んで籠のようにした中から、グロリオーサとかすみ草が飛び出しています。
花が歌っているような作品。
P1070454.jpg
フトイのラインが、軽やかです。新種のちょっと不思議なラナンキュラスを使って、モダンな仕上がりとしました。
P1070456.jpg
キウイツルを左右に大きく躍らせて、その上にアスパラガス・プルモーサスを霞のように引っ掛けて。
その霞の中には、大きな芍薬が花開く、大人っぽい作品。
韓国人の生徒さんの作品。北海道からいつも来てくれています。
P1070458.jpg
カスミソウをこれでもかと大量に使っています。そこに銀色に着色したニシキギでラインを加え。
純粋さ、ひたむきさ、そんなものを感じさせてくれます。
P1070459.jpg
アレカヤシを風船のように編みこんで作りました。でも、この編みこみ、時間もかかるし綿密な作業なんです。
本当に根気強く、やりとげました。おかけで、とても個性的な目を引く作品になったと思います。
P1070461.jpg
カラーの優しいラインが特徴的でたおやかな作品です。
P1070460.jpg
まるで木みたいな特徴的な花器に合わせて、作品の構成を考えています。
漂白花材を自分でところどころ着色して、楽しいラインを花器の上にいっぱい描いています。
全てがとてもバランスのいい作品です。

以上、25名参加でした。
参加したのは一部の生徒さん。参加できなかった生徒さん、何度も何度も言うけれど、本当にごめんなさいね!
親先生主催なので、枠が決まっていて。
また必ずや何か次の機会を探したいと思っています。

では、これにて展覧会についてのレポートは終わり。
長いレポート、お付き合い頂いて、本当にありがとうございました!
[ 2015/05/09 15:01 ] いけばな・フラワーアレンジphoto | トラックバック(-) | CM(0)

動画アップ(お琴とマッピング)

続けざまに3回、展覧会についてレポートしました。
今日は、ちょっと趣を変えて、動画をアップしたいと思います。

まずは展覧会中ずっと流れていたプロジェクション・マッピング。
生け花とマッピングの初コラボということで、チーム「NAKED」のスタッフの皆さん、映像作家の衛藤一朗さんのご協力で実現した企画です。
何度も打ち合わせ、本当に一生懸命やってくださいました。
鳥肌がたつほどの美しい映像美です。
ぜひご覧ください。


あとお恥ずかしいのですが、私の琴演奏の動画もアップします。
せっかく練習したし、もうこんなに琴を弾くことが一体この先あるだろうかと、はなはだ疑問なので、記念にアップしておきます。
何曲か会場では弾いていたのですが、こちらでは2曲ほど。
まずは「さくらさくら」を現代風にアレンジしたもの。


古典の曲をひとつ。


明日は、生徒さんの作品を詳しくお見せして、それで展覧会レポートは終わりにしようと思います。
[ 2015/05/06 12:38 ] いけばな・フラワーアレンジphoto | トラックバック(-) | CM(0)

展覧会2日目と3日目、そしてサプライズ

2日目の展覧会、ちょうど真ん中の日ということで、ゆるりと進みました。
AC0A0101.jpg
生徒さんのご主人が来てくれてしゃべったり、
AC0A9894.jpg
PTAのママ仲間が来てくれて笑ったり、
AC0A9990.jpg
生徒さんのお母様や妹さんが来てくれてご挨拶したり、
AC0A9995.jpg
お稽古を産休中の生徒さんがお子さん連れて来てくれたには、嬉しくて!
facebookでは、お子さんのお顔を良く見ているのだけど、実際に会うのは初めて。
10421489_554777114664823_8687949693803904834_n.jpg
人形みたいに可愛くて!
琴に興奮してましたけど(笑)

途中、ぽろぽろ琴弾いて。
dbb841c5444562ca41ea6a3bba2525fe38e3ba1.jpg
だんだんアットホームになってきて、「どんな感じの曲が聞きたい?」とお客さんとやりとりするようにもなりました。
5aa67cee0f7dd89d8a85ba7d3219ca3db2126cd.jpg

e71d9f9494d7b23569f1de0f67fbd49518dfaf4.jpg
はたまたとっても尊敬する大先生に来て頂いて感激したり。

2日目は終了。
お時間のある方はぜひアルバムをご覧くださいね。
2日目のアルバム

たださすがに早朝から連日夜遅くまで着物を着ているとかなり疲労がたまってきました。
最終日は絶対に帯枕は使わない!ラフな感じの着付けでいく!と心に決めた2日目の夜でした。

で、3日目。
3日目の朝になると、そろそろ傷みの激しい花が出てきます。
オープン前に慌てて、お手入れします。
AC0A0126_20150505151225e10.jpg
この帯は帯枕なしのラクラク結び。
この日は、背中に「こなきじじい」が乗ってるような感覚に襲われることなく、快適に過ごせそうです。

AC0A0347.jpg
またPTAママ仲間が来てくれたり、
AC0A0406.jpg
まだお稽古を始めたばかりのウクライナ人の生徒さんがお母様をつれてきてくれたり。

最終日は、午後4時から師匠主催で「じゃんけんポン大会」がありました。
買った人は、師匠から花器のプレゼント。
なんとうちの生徒さんが、1位当選です。
AC0A0380.jpg

AC0A0490.jpg

そして、とうとう展覧会も終了する頃、生徒さんたちからサプライズが!
すごい素敵なことをいっぱい言ってくれて、花束を頂きました。
AC0A0453.jpg
そして、名刺入れまで。
AC0A0465.jpg
人生でこんなに感動したのは、本当に久しぶりです。
それに、本当にみんなに出会えて、一番の幸せ者は私です。ありがとう!

AC0A0451.jpg
最後にアトリエ双香チームで記念撮影。

ここまでいろいろと大変だったけど、大変だったからこそ、達成感でいっぱいの忘れられない展覧会となりました。
でも、決して一人では出来ないものでした。生徒さんに支えられてからこそのものです。
本当にありがとうございました。

まだお時間のある方はアルバムをどうぞ。
最終日アルバム

次回はプロジェクションマッピングの動画、琴演奏の動画をアップしてみたいと思います。

[ 2015/05/06 11:30 ] いけばな・フラワーアレンジphoto | トラックバック(-) | CM(0)

展覧会初日・お家元がいらっしゃる

いよいよ展覧会初日。10時半オープン。
AC0A0185.jpg

お昼ごろ、お家元がいらっしゃいました。
いらっしゃることは、3日ほど前にご連絡があったので、来られる人はぜひ来ましょう!をいう旨を一斉メールで生徒さんに連絡済み。
師匠や師匠の娘さんと共に、エレベーター前でお迎えするため、15分前から待機。
AC0A8958.jpg
だんだん会場も緊張に包まれたところで、時間ちょうどにいらっしゃいました。
AC0A9023.jpg

まずお琴を一曲聞いて頂くことに。緊張感マックスです。
174bb09a2f3c084dfd9c1c483222d96040f4d35.jpg

AC0A9579.jpg

b800dbefb695a0049495aa419b3319d21db5542.jpg

b5b1b79eb9178cd9006e5f1fddfde9c0c3ae427.jpg
一番左が師匠の娘さん。この展覧会一緒に頑張った同志です。
多分彼女がいなかったら、私は途中で逃げ出していたかも。感謝の気持ちでいっぱいです。

さて、大事なお役目も終了。
この後、お家元は一人一人の作品をじっくり見てくださいました。
とてもお忙しい方なのに、とてもお優しい。
AC0A9202.jpg

AC0A9077.jpg
作品の横に立っていると、一言お言葉をもらえます。これは、私の作品。

AC0A9168.jpg
こちらは韓国人のユンソンさん。
去年ニセコでお土産屋さんをオープンしたので、年に数回お稽古のためにニセコから通ってきてくれています。
今回も展覧会のために、飛行機で来てくれました。

AC0A9153.jpg

AC0A9130.jpg

AC0A9118.jpg
こちらはシンガポール人のGwen。Gwenも帰国したにも関わらず、年に数回、飛行機を飛ばしてお稽古に来てくれます。
お家元に「原爆の広島ドームを見て、インスパイアされて、この作品を作りました」「この作品の俳句もあります」といろいろ説明していました。

AC0A9227.jpg

最後は記念撮影。1時間ほどで、会場を後にされました。

この後も夕方6時半まで展覧会は続きます。
いろんな方に来て頂いて、本当にうれしくなりました。
AC0A8946.jpg
とても尊敬している先生とか。
66d9f9f559ed4ad76ee1451fcd07719cbd739c3.jpg
本部でデモを教えて頂いているこれまた素敵な先生とか。
AC0A9653.jpg
一緒にデモを教わっているクラスメートとか。

本当にありがとうございました。

もしお時間のある方はぜひアルバムをご覧くださいませ。
展覧会初日アルバム

2日目、3日目と会は続きます。
[ 2015/05/05 14:29 ] いけばな・フラワーアレンジphoto | トラックバック(-) | CM(0)

展覧会の前日・いけこみ日

4月24日から4月26日までの展覧会、無事終わりました。
今日からは、続けざまにその展覧会の様子をレポートしたいと思います。

まずはオープン前日のいけこみ日の模様から。

アトリエ双香チームとしては、まず、プロジェクション・マッピングの設営を担当。
マッピングの会社は映像制作の会社なので、設営は自分たちでやらねばです。
朝8時半に会場に集合。
de09cd2410fc78080407061074f08335451a42d.jpg
会場の窓に黒いパネルをはめ込んでいき、マッピングの場所を真っ暗にします。
b26c1210469244b025d579a49f2090afbaf4702.jpg
そこに横幅4メートル高さ3メートル奥行き3メートルのポールを組み立て、
9c195e8463c3f13773beaeb4029c57f8330e0af.jpg
写真スタジオで使う白い大きなセットペーパーを垂らして完成!

以上の3行程、結構大変でした。なにせでかい!
生徒さんたちと何か文化祭をやっているような感じです。
AC0A8393.jpg
完成した場所では、マッピング会社の方がテストを始めます。
マッピングというのは、ただ平面的なものに映像を映すわけではなく、立体的なものにあわせるので、この「調整作業」が異様に大変で、実はこの作業、この日の夜9時過ぎまでかかりました。
それでも、何とか無理を言ってやって頂いた感じで、普通は、2、3日調整に時間をかけるそうです。

eebaf18953869d3c0a837c78a7ceebe057e1ec6.jpg
終わったら机のセッティング。

AC0A8467.jpg
そして各自のいけこみへ。

私もまずは自分のいけこみへ。
AC0A8269.jpg
師匠から「使いなさい」と貸して頂いた鉄の花器、2つを今回、色をピンクに塗り替えて使いました。
この鉄花器の高さがすでに150センチ。その上に花材をいけていくので、脚立必須です。
全体像が分からないので、脚立に登ってはいけ、降りて全体確認!というのを繰り返しながら、いけていきます。
AC0A9835.jpg
完成!(私と生徒さんの作品はまた別に詳しくご紹介します)
生徒さんの作品のほうもチェックやお手伝いに行かねばなので、慌てて1時間でいけました。

AC0A8271.jpg
師匠のお教室の方とあわせて、なにせ135名参加の展覧会です。廊下がこれからいけられる花材で溢れています。
うちの生徒さんは、25名。
私は、この自分の生徒さんをみるのでさえ、もうアップアップでした。
一緒に打ち合わせしたり練習したりしていても、当日思いもよらぬことが起きるものです。
花はいきものなので。そこが、生け花の魅力でもあるわけですが。
36278384c60ab05d595b8a9da5c5e383b19b982.jpg

AC0A8762.jpg

cabdee7fae4f2dea8abb4b8f0dec963c72cd33d.jpg
これは、アイルランド人の生徒さん。お仕事を終え、会場入りしたのは夜の8時過ぎ。
もしや忘れているのでは?とかなり心配していたので、会場に姿を現したときは、とにかく安堵と喜びで抱きついたのを覚えています。
海外の生徒さんほど、古風な花材を使いたがります。
彼もぜひ松がいけたい!ということで、花屋に黒松を発注しました。
嬉しそうに松の枝選びをしています。

全ての作品は、主催者である師匠が最終チェックを行います。
AC0A8865.jpg
師匠に紹介中。
43dd44b5f53eda668bda15c186b30b3ff9476fe.jpg
2人で深々とお辞儀。なにか東西交流みたいな雰囲気で素敵な1枚となりました。

生徒さんの作品をチェックしつつ、隙間で琴の練習。
f701f1a709c953ba4478d70458258cdf7254188.jpg

夜9時半過ぎにようやく全ての生徒さんのいけこみが終了。
AC0A0278.jpg

AC0A0277.jpg

130efc8ceb21543c66b4c65e8272c5c31b19d0b.jpg

AC0A0279.jpg

お時間がある方はぜひアルバムを覗いてください。
展覧会前日アルバム

いよいよ明日オープンです。

[ 2015/05/05 12:40 ] いけばな・フラワーアレンジphoto | トラックバック(-) | CM(0)