ホーム > カテゴリー - お仕事

映画「3月のライオン」いけばな装飾担当

Dear my students who learn Ikebana in English. I'm afraid this blog is written only in Japanese.
The contents of blog are almost same as the wall news of facebook.
Please visit my face book page

生け花レッスンについての詳細は、ぜひホームページATELIER SOKAをご覧下さい。
生徒さんの作品や私の作品、レッスンの進め方など、もろもろ載せています。
レッスンのスケジュールはレッスンのスケジュールをご覧ください。
今ご覧になっているページは日記形式のブログで、月一の更新を目指してのんびりやっています。更新するのは主にfacebookがメインとなります。
過去のレッスンの様子は、右記のリンクから見られます。アトリエ双香お稽古日記


gita2007_collection-img600x412-1485601082rtugn43740.jpg

いけばな装飾を担当させて頂きました映画「3月のライオン」がいよいよ公開となりました。
前編、後編とあり、今回は前編の公開なので、前編でいけた花をご紹介します。いろいろと情報公開の規制があったので、やっと写真を見せることができます。

20160424-P1080499.jpg
今回、装飾の親方からの依頼で、映画の中に出てくる登場人物をそれぞれいけばなで表現しています。
これは、佐々木蔵之介さん演じる「島田」の花。「島田」は一見繊細で弱そうですが、実は中にとてつもない熱い強さを持った人物なのです。そこであえて花を使わず、いけました。

20160424-P1080501.jpg
横からみたところ。
20160424-P1080503.jpg
茶色の花材は、ヤシの木の一部。枝は苔がついた梅、苔梅。後は、数種のヒバ類。
撮影は、4月終わりなのに、お話の設定は、2月。花材がなかなか苦労しました。この苔梅も、頼み込んで入手したものです。本来2月なら、レンギョウや雪柳、椿など、それはそれは、2月ならではの花木があるのですが、4月末だったので、そういうものはひとつもなし。いけばなって、季節のものをいけて季節を愛でるというのが普通なので、、こういうのが映画って難しいな、と感じました。でも、同時にやる気スイッチが入りました。

20160617-IMG_6902.jpg
ここで、佐々木蔵之介さん演じる「島田」と伊藤英明さん演じる「後藤」の熱い戦いが繰り広げられます。私のいけばなは、伊藤英明さんの後ろにいるので、そのシーンが来たら、ぜひちらっと見てもらえると嬉しいです。

20160424-P1080504.jpg
役者さんたちが入ってくる前の緊迫したスタジオセットの中。

20160424-P1080507.jpg 
こちらは、加瀬亮さん演じる「宗谷」の花。彼は、「将棋の神様」と呼ばれるほどの天才棋士で、ふわふわとしたつかみどころのない不思議な雰囲気を身にまとう人。でも、彼には大きな秘密が!という話です。
この前に加瀬さんが座るので、加瀬さんの背中に羽が生えているように映像では見えますよ。

20160425-P1080511.jpg
これもまた「宗谷」の花。

撮影したときのセットの様子は以前のブログ記事で、ぜひ見てくださいね。
初です!映画のお仕事!

今回のお仕事では、素敵なスタッフさんたちと巡り合えたことが宝物です。一番左の装飾の親方は、みんなをぐいぐい引っ張っていくオーラが頼もしくて、かつ楽しくて。一緒にお仕事できたことに感謝!
午前3時の記念撮影です。
20160423-IMG_6883.jpg

ぜひ劇場で観てくださいね。よろしくお願いします!
映画の予告編はこちら。


泣けます!!!
[ 2017/03/19 23:07 ] お仕事 | トラックバック(-) | CM(0)

英語でのインタビューが掲載されました!

アメリカ商工会議所というものがありまして、そこが雑誌を発行しています。「The Journal」というかなりしっかりした雑誌です。
そちらの編集長からお電話いただき、インタビューの依頼を受けました。

日本の活躍する女性にターゲットをあてた企画で毎月、いろんな分野の女性が登場しているとのこと。当日は、編集長が自ら自宅アトリエまで足を運んでくださいました。

そんなインタビュー、出来上がりました。
journal_mika_photo.jpg

よし英文だけど読んでみるぞ!という方はこちらへ。
Art in Bloom

雑誌全体も下のリンクからダウンロードできます。インタビュー記事は22ページです。
The Journal 3月号

英語でのインタビューって、何度やっても緊張します。日本語でも緊張するのに、さらに言葉の選び方とか、ニュアンスとか合っているかなあ、と考えに考えて喋っています。
Art In Bloomというタイトルも上手いですよね。花が咲くことがBloomなのですが、それにアートをひっかけて、「アート満開」みたいなタイトルになっています。
次女がアメリカの大学を受験するときに、一緒にエッセイを考えたときのことを思い出しました。日本人で日本語が喋れるから、いい文章が書けるのか、というとそうではないように、英語もまたしかり。喋るのと素敵な文章を書くのとは全然別物。編集長の記事を読んで、やっぱり、文章が上手い人は上手いなあと、職業にしてるのだから当たり前だけど、ほとほと感動しました。
私のしゃべった言葉より、数段洗練された表現で、文字になっています。

作品の写真を気に入って、雑誌の目次に使ってくれたのはうれしかった!
journal_目次写真

さて、インタビュイーの内容ですが、私がどうしてそれまでのスタイリストや広告の仕事を辞めて、華道家を目指すこととなったか、などについて書かれてあります。
日本語で書くのはやめます。最近、本当に文章が下手で。もはや元編集者とは思えない有様で、せっかく綺麗な洗練された英語がぼろぼろの日本語になりそうだから。どうしてもの場合は、Google翻訳でお願いしますね!
[ 2017/03/05 20:45 ] お仕事 | トラックバック(-) | CM(0)

銀座・虎屋茶寮での花いけ

銀座にある虎屋本店の2階、虎屋茶寮。こちらで草月の作家として2月、花をいけさせて頂いています。昔の松坂屋さんの斜め前あたりです。
20161219_042345779_iOS.jpg

草月流よりお話を頂いたときに、2月の花木と言えば、レンギョウ。鮮やかな黄色の花がまず思い浮かび、すべて、レンギョウをスタート地点に構成を考えました。
まだまだ寒さの厳しい時期。でも、そろそろ松にも飽きた頃。春は遠いけれども、それでも心は少しずつ春に向かっていく時期。
艶やかな雰囲気を演出したくて、反対色の紫をポイントに使い、色のコントラストを中心に考えました。

まずは正面から。高さ2メートル幅60センチほどの作品です。
20170123_113326390_iOS.jpg
紫のポイントになっているのは、着色したシャレボクとヴァンダ蘭です。
斜め横から。
20170123_113349644_iOS.jpg
そして今度は真横から。真横にもお客様が座る座席配置なので、気が抜けません。どこから見ても、楽しめるように。背面は鏡なので、鏡の効果も考えます。
20170123_113427658_iOS.jpg
下のほうに入っているのは、黄色いのオンシジュームという蘭です。

20170130_053300000_iOS.jpg
生徒さんがわざわざ何人も作品を見るためにお茶に行ってくれて、感謝しています。写真も貰いました。
20170123_114055624_iOS.jpg

花というのは当たり前ですが生きているので、せっせと銀座にお手入れのために通っています。花も毎日表情を変えます。
これはレンギョウが満開になったときのもの。
20170129_000006391_iOS.jpg
満開だと色の効果も強く出ます。
20170128_235841461_iOS.jpg

時々、全く同じ花材は手に入らないこともあり、そのことで、少し作品に変化が生まれたりもします。
20170207_234010123_iOS.jpg
こちらは輸入のオンシジュームがなくて、国産のオンシジュームを使ったとき。ふんわりとした広がりが黄色い霞のようでした。

では、最近いけたものをいくつか。こちらにはあまりアップできないので、作品はぜひFBをご覧ください。生徒さんに進められて、Instagramも始めました!

今年初めていけた桜「おかめ桜」
20170131-P1090285.jpg

こぶしー春をいち早く告げると言われている花木です。
20170127_031104000_iOS.jpg

菜の花とぜんまいと
20170127_061943000_iOS.jpg

バレンタインデーに
20161230-P1090274.jpg

虎屋さんでの花いけは、2月23日までとなります。まだの方はぜひお立ち寄り頂けるとうれしいです。
[ 2017/02/02 12:27 ] お仕事 | トラックバック(-) | CM(0)

アメリカのCNBCテレビに登場!

20161215-P1090210.jpg
もうすぐ新年。1年はあっという間に過ぎ去っていきます。写真の作品は、松、ツルウメモドキ、菊、水引を使って、新年を迎える気持ちでいけてみました。

先日のCCTVに続き、CNBCというアメリカの大きなテレビ局に、取材して頂きました。Airbnbを通して、世界中の観光客を対象にした「いけばな体験」を実施しているのですが、、それをレポートしてくれました。

実際の映像はこちらで!
We tried Airbnb's new trip experience platform

少しだけ解説しますね。この「いけばな体験」は海外の方を対象にしていて、英語で行っています。2日間にわたって実施し、合計8時間に及ぶかなり時間をかけた「いけなば体験」となります。
今回は取材用に、8時間の中のいろいろな要素を3時間に凝縮して行いました。
「体験」の詳しいことは下のリンクをぽちっとクリックしてください。
Airbnbのいけばな体験

15675897_1240087622706669_3192920718239625965_o.jpg
まずは駅でゲストをお出迎え
15777081_1240087636040001_2202434167613037058_o.jpg
自宅のスタジオに案内する道すがら、いろいろなことをガイドします。ちょうどウルトラマン商店街を通って来るので、「ウルトラマン」のこととか、「松屋」の牛丼についてとか、「日本の交通」についてとか。いけばな以外のことも、いろいろ話します。
少しでも人と関わってこそ理解できる日本の日常文化のようなものを伝えられればと思っています。

15723374_1240088462706585_1971702502075006257_o.jpg
いけばなの歴史や意味を説明して

どうやっていけるのか(デモンストレーション)を3作ほど披露します。
15732238_1240088412706590_8778447896655111965_o.jpg
形の決まっている花型でいけたり、自由いけでいけたり。いけばなにもいろいろあるのだということを知って欲しくて。
15723608_1240088409373257_7963957238107724792_o.jpg
デモの後は、実際にいけてもらいます。これは鋏の使い方の指導中。
20161208_105837000_iOS.jpg
終わった後はお抹茶を点ててふるまっています。お菓子は、お花の形をした和菓子を。
15676272_1240088399373258_1591269138316651581_o.jpg

映像には映っていないのですが、最後にみんなで記念撮影をしました。
20161209_040858000_iOS.jpg

これはAirbnbの広報の方が撮ってくれた撮影風景の1枚。手前がカメラマンさんです。
20161208_105827000_iOS.jpg

この「いけばな体験」のおかげで、本当に今世界中の人に会って、「いけばな」を伝えることができています。それは自分の夢でもあったので、本当に幸せです。

最後までお読み頂きありがとうございました。

素晴らしい1年がやって来ますようにと祈りながら、どうかみなさま良いお年をお過ごしください。
[ 2016/12/31 16:01 ] お仕事 | トラックバック(-) | CM(0)

スタイリングのお仕事・完成!

昔からやらせて頂いている高級ガラスメーカー、カガミクリスタルさんのスタイリングのお仕事。先日撮影したものが、2017年カレンダーとして完成しました。
1月から12月まで、ざざっとお見せしたいと思います。

ちなみにスタイリングとは、、、。まず商品をどうやって撮ったら魅力的にアピールできるか考えて、撮影の構想を練ります。「こういう風景で撮ったらいい」とか、「こういう背景を用意できるので、その前で商品寄りで撮ったらどうか」とか。そして、それをクライアントさんやカメラマンさんと話し合い、決定。撮影に必要な様々なものを全て準備します。
料理もそうだし、背景にする天板もそうだし、食器もそうだし、花もそうだし。当日は、段取りの嵐です。料理を作り、撮影のための小道具を全てセッティングして、カメラマンさんに「お願いします!」と言い、クライアントさんの意見を伺って、小道具を動かしたり、足したり。

ちなみに今は「いけばな」をメインにお仕事しているので、このスタイリング業は実質お断りしているのですが、昔なじみのクライアントさんに声をかけられるとやっています。
準備や撮影の部分はこちらのページに詳しく書いてあるので、お時間のある方はぜひ!
スタイリングのお仕事、準備と撮影編

さて、出来上がったカレンダーは。
1月 後ろの障子っぽいものは、実はそういう撮影小道具。部屋のように見せました。右にお正月っぽい花をいけたのですが、この撮影は8月。松の入手が大変でした。
20161202_004143644_iOS.jpg
2月
20161202_004212664_iOS.jpg
3月 透過光といって、ガラスの天板を用意し、上や下に物を置いて、一番下から光をあてて、ふんわりとした表情を演出しています。散っている桜の花びらがポイントです。
20161202_004258542_iOS.jpg
4月
20161202_004327059_iOS.jpg
5月
20161202_004350640_iOS.jpg
6月 お花をいけることができました。スタイリングというより、「いけばな」的なお仕事ができてうれしい1枚。
20161202_004421161_iOS.jpg
7月 初夏のパーティー。青い切子の食器が目立つような料理を作っています。
20161202_004114511_iOS.jpg
8月 こちらも透過光の撮影。
20161202_004518649_iOS.jpg
9月 イメージは大人が一人で楽しむ時間。ウイスキーグラスが主役なので。
20161202_004543914_iOS.jpg
10月 こちらはワイングラスが主役なので、イメージは友人同士の気軽なホームパーティー。
20161202_004608763_iOS.jpg
11月
20161202_004637865_iOS.jpg
12月 商品がとてもゴージャスなものなので、年末のちょっと気取ったホームパーティーをイメージして作りました。
20161202_004701136_iOS.jpg

こうやって形になると、ものすごくうれしいものです。クライアントの担当の方々も素敵な人たちで、撮影も温かな空気に包まれていました。

カガミクリスタルさんのホームページでも写真が見れます。ぜひ覗いてみてくださいね!
カガミクリスタルさんのホームページ

銀座ショップで5000円以上お買い物をすると、カレンダーはもらえます。ひとつひとつに職人さんの技術がこめられた商品で、見ているだけで楽しめます。こういう日本の伝統技術、やっぱり大切にしていきたいなー、などと感じたり。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。
[ 2016/12/22 11:42 ] お仕事 | トラックバック(-) | CM(1)
プロフィール

MIKA OTANI

Author:MIKA OTANI


生け花サロン・アトリエ双香を主宰。毎日のさりげない遊びで日常をゆるやかに過ごせたらいいな。
そう思います。
http://www.atelier-soka.com
http://www.mika-otani.com