ホーム > アーカイブ - 2010年05月

ケーク・サレ

ケークサレ

ポットラックパーティのときに、お友だちが作ったケーク・サレを初めて食べました。ちまたでは、去年から流行していたらしいのに、全然知らなかった! そのお友だちは、生地にラタトゥイユを混ぜていました。そして、おおっ! おいしい! これはぜひ作らねば。。。ということで、先週はちょうどアトリエをやっていたので、バンバン生徒のみなさんに試作品を食べてもらいました。つまり、お毒見ですな。すいません。

新しいものを作るときは、いろいろ粉の割合とかを変えて作りたいので、いつもやたらといっぱい試作品が出来上がります。家族だと、「もういい加減いいよ」になりがちなので、ほんと、アトリエのみなさんには感謝感謝!

ケーク・サレは仏語で塩のケーキ。スポンジケーキの材料に野菜などを入れて焼きあげるもので、甘くないおかずパンみたいなものです。フランスでは、昔からお家で作られているポピュラーなものらしく、なぜ今まで日本であまり紹介されてこなかったのか不思議。

いろいろ試してみた結果、分かったこと。
1.本に載っているようなレシピより、大量に野菜を投入したほうが生地がしっとりするし、味も深みが出ておいしい。
2.生地にはパルメザンチーズをたくさん入れるとgood!
3.薄力粉だけではなく、強力粉を半分混ぜると、生地がもっちりとおいしい。
そんなところでしょうか。

ケークサレ

上のケーク・サレは、トマト、小口ねぎ、ウインナー、にんにく、蓮根、プロセスチーズ、バジルを投入。にんにくの香りが食欲をそそるのと、蓮根のしゃきしゃき感が意外にうけました。

ケークサレ

こちらは、ちょっと趣向を変えて、アボガドをメインにしてみました。ツナ缶とチーズ、それからたっぷりのこしょうを加えて、パンチのある味に。これ、どうなるかなあ?とちょっと不安だったんだけど、かなりおいしかったです。コクがあるというか、クセになる味です。

所詮ベーキングパウダーで膨らますケーキなので、作り方はいたって簡単。冷蔵庫の残り物をどんどん放り込めば、おいしいケーク・サレができあがりそうです。日曜日の昼にいいかもですよ。

レシピ、載せておきますね!

材料:

薄力粉60g+強力粉60g+ベーキングパウダー小さじ1.5(合わせてふるっておく)
卵2個
砂糖大さじ1
パルメザン粉チーズ大さじ6
牛乳50cc
オリーブ油50cc
塩、こしょう 少々

好きな野菜やウインナーなどを、おおよさ3カップぐらいになる目安で。
(トマトはだしが出るのでかなりオススメ。ベーコンやウインナーを入れると子どもが喜びそうな味に。ツナ缶を使う場合は、油をきってね)

1.生地の粉以外の材料を混ぜて、野菜を投入。よく混ぜる。
ケークサレ

2.ふるった粉を加えて、切るように混ぜる。
ケークサレ

3.型に入れて焼く。余熱したオーブンへ。180度で5分。その後、170度で約25分。
ケークサレ

以上、ケーク・サレでした。
[ 2010/05/25 20:02 ] 今日のおばんざい | トラックバック(-) | CM(0)