ホーム > アーカイブ - 2010年07月

高校生感覚

怪物くん

何やらばったらばったらしています。元々予定をキュウキュウに詰めがちなので、その「なんとかなるでしょー」的な甘さが、ここらへんでドミノ倒しのスイッチになっているような嫌な予感。

さてそんな中、用事があって出かけた帰りに高1の長女と新宿の「ヴィレッジ・バンガード」にふらりと立ち寄りました。若者の間では「ヴィレバン」と言うそうな。元々あそこはおもしろい店だけど、現役高校生と行くといろいろな解説が聞けるので、エキサイト度3乗! 多分、同じ年ぐらいの人と来ても、一周まわって「まあ、面白いわあ」ぐらいで終わっちゃうと思う。こういうときに、現役くんが家族にいると、まるで自分もふたまわりぐらい若返ったかのようにエンジョイできるので、ありがたいことです。

まず、流行りもの・その1 「ウサビッチ」
キレネンコ

舞台はロシア。囚人ウサギの監獄生活やら脱獄事件やらのコメディアニメ。シュールな笑いが結構うけます。

流行りもの・その2  「こびと」
こびと

うわわわわーーーっ!というぐらいの気持ち悪さ。ほんとにこんな小人がいたら、アースジェットとかお見舞いしちゃいそう。これらのキャラが立ち上がる元となる「こびとづかん」というものを、長女は1年ほど前に購入し、かなり熟読していました。ついでに私も熟読。結構面白いです。

例えば、「リトルハナガシラ」というこびと。「湿った草むら」に生息。「体は小さいが、かなりどう猛な性格」で、「小さな群れをつくって行動」し、「仲間同士でいつも争いが絶えない」

リトルハナガシラリトルハナガシラ2リトルハナガシラ3 などなど。笑えます。

こびとについてもっと知りたければはこちらへ

流行りもの・その3 「Peeping Life]」

CGのDVDです。長女は友だちから誕生日プレゼントにもらいました。で、死ぬほど笑えます。10本ぐらいのショート・コメディがDVDには入っているのですが、そのうち数本はネットで見れるので、URLを貼っておきます。久しぶりに笑い死にました。

動画はこちら。「フェンシングマン」です。

さて、写真は、長女の作ったキャラ。名前は忘れました。唇の表情とかが最高です。リビングに生息中。
[ 2010/07/26 16:08 ] つれづれ | トラックバック(-) | CM(2)