ホーム > アーカイブ - 2010年11月

映画「ゴースト」初日舞台挨拶に行ってきました。

「ゴース」ト初日

先週の土曜日、銀座まで「ゴースト」の初日舞台挨拶を観に行ってきました。
なんせ映画は初めてなので、家族中でこの日を心待ちにしていました。
大谷家女3人衆としては、気持ちだけ全力バックアップです。

舞台挨拶が見られる上映回は予約制のため、会場内はほとんどソン・スンホンさんのファンの方々でした。
団扇やひかりものグッズを持っている方も多く、ノリを大切にする私たちとしては、「太郎!って書いた団扇、持ってくれば良かったねえ。100円ショップの団扇に小細工して」とつくづく後悔。

さて、がーちゃんがトイレで仕入れたファンのおばさま方の会話。

「大谷監督、結構いいじゃない 今日はなかなかピシッと決めてるわよ」
「結構、好きだわあ」
「だめだめ、私たちにはソン氏が一番なんだから!」
「じゃあ、大谷太郎は2番で!」

このネタには3人で大うけ!
「パパ、韓流でいけるんじゃないっ! 売り出してひと儲けしよう」
などと言っていました。でも、日本人だから韓流にはなれないなあ。

でも、断言できますが、ソン・スンホン氏のほうが100倍かっこいい。
少しだけ挨拶させて頂きましたが、全くそういうことに興味がないがーちゃんとピピ2まで、「あんなイケメン、見たことないっ!」って感動してました。
「あれが物理の先生だったら、みんな物理好きになるねえ」とも。(笑)

日本人の俳優さんにはない、気品と優しさがにじみ出ているのはすごいなあと思います。

日本人の俳優さんだって、「会ってみたらがっくりだった」なんて人は一人もなく、みなさん輝いているのに、ソン氏の場合、なぜか違う光のオーラを出しているような。うまく説明できないです。

映画は、手前味噌ですがとても良かったです。がーちゃんも泣いていました。
若くても老いていても、笑いあり涙あり、充分楽しめると。チケット代の元は取れます。

さて、熱気いっぱいの記者会見は無事終了。
後は、成功を神に祈るのみです。
みなさま、どうかよろしくお願いします<(_ _)>

帰り道。。。
慣れないハイヒールを履いたら足が痛くなり、がーちゃんに靴を交換してもらいました。
セーラー服にハイヒールと、ワンピに学生靴の変な母娘に。
とほほです。

「ゴースト」スタッフTシャツ

写真は、映画のスタッフTシャツ。
[ 2010/11/16 14:38 ] つれづれ | トラックバック(-) | CM(0)