ホーム > アーカイブ - 2011年10月

舞台にあがる!

秋

気持ちのいい季節がやって来ました。
うちの目の前は森のようになっているのですが(実は個人宅なのだけど、うちでは森と呼んでいます)、毎日たくさんの鳥がおしゃべりしていてうるさいぐらい。夏はあまり鳴かないのに、春や秋は張り切って歌い出すんですよね。
なぜ?
やっぱり過ごしやすい季節だから、気分ものっているのかなあ?

さて、芸術の秋。今年は次女のピアノの発表会に連弾で、参加してみました。
遠い昔、まだ次女が5歳ぐらいのときに連弾をしたことがあったのだけど、そのときは、連弾とは名ばかりのゆるーいお遊戯のようなものだったので、連弾というのもに挑戦するのは今回がほぼ初めて。

やってみて思ったのは楽しい!の一言。もう、練習の時点から楽しい。一人でピアノを弾いていると、ちょっと行き詰まるというか、クラシック曲なんか弾いているとたまに修行のようになってしまうこともあるのだけど、連弾は純粋に音楽を楽しめる感覚。
本当はバンドとかもっと楽しいのかもしれないけど、この年でバンドはないしねえ。

舞台は緊張するかなあ、なんて思っていたら、自分が煌々と照らされている非日常が妙にうれしかったりして。「ガラスの仮面みたいだあ」なんて、興奮しました。年とともに図太くなっていく自分を実感でしょうか。

「娘と連弾できる日がやって来るなんて」とか、「こんなに大きくなって」とか、どちらかというと、そういう月日の流れに感動してしみじみしました。

You Tube に動画をアップしてみました。
良かったら見てみてくださいね!


[ 2011/10/17 15:32 ] つれづれ | トラックバック(-) | CM(4)