ホーム > アーカイブ - 2011年12月

師走なり

tea

とうとう師走に突入しました。衣替えを、2、3回やったと思ったら、とうとうコートを登場させる冬です。あっという間に感じるスピード感が、年々加速しているような気がする。まあ、気のせいではないのでしょう。

先週、クリスマスリース教室を終えました。年に1回、家中にもみの木の香りが充満するこの恒例行事を終えると、いよいよ年末だな!と肝が据わります。なんせ、年末、主婦はいろいろ忙しいから、ただの浮かれ気分になれないのが正直なところかな。

さて、クリスマスリース教室のことは、また今度書くとして、この1ヶ月を写真で振り返ってみたいと思います。

スタジオ

いくつかお仕事をしました。これは某メーカーのカタログ制作のため訪れたスタジオ。朝一番に乗りこんだので、冷たい空気と静寂が気持ちよくて、思わず誰もいないスタジオでパチリ。

スタジオは、こういう実際のお家みたいになっているハウススタジオとただ何もないボックス型の空間スタジオに大きく分けられますが、これはいわゆるハウススタジオの典型タイプ。最近は不況のせいか、なかなか豪華なハウススタジオが使えなくて(ハウススタジオのほうが高いからです)。久しぶりのお高いスタジオに興奮しました。

車

上の写真は、別の日に早朝銀座の某スタジオに到着したときに撮ったもの。仕事は基本的に良く車で動きます。スタイリングという仕事は、とにかくたくさんモノを運ぶので車は必需品。トラックを頼べばいいのですが、予算削減のため、載せられるだけ自分の車に載せます。

で、写真は「安堵」の1枚。
車の運転、苦手ですねー。特に首都高速が!下の道だと間違えても、取り返しはつくのに、高速で間違えると、怖いぐらいの遠回りになるので、ジャンクションでは毎回ドキドキまします。車線変更のときなんか、もう祈るような気持ちでウインカー出しています。ウインカーを出し続けながら、優しいドライバーが道を譲ってくれるのを待つという「泣き落とし」作戦です。そんなこんなの苦難を乗り越えての銀座到着は、毎回やや興奮気味。特に、このときは大型トラックと大型車の間の難しい駐車を終えた後だったので、かなりの喜びでした。

群馬

これは、義理母の実家の法事で、群馬まで出かけたときの写真。ずっと都会で暮らしているので、絵葉書みたいな光景に息を呑みました。ちょっとそのあたりを歩いただけで、何かがぴょんぴょん跳ねるんです。バッタでした。やっぱり日本の田舎は美しい!

ドーナッツ
フライ

さて、なぜだか秋の11月ごろになると、娘たちそれぞれのクラブでは「持ち寄りパーティー」がたびたび催されます。正直、親としては、げんなりな行事ですが、「あのとき母は冷たかった!」と10年後に言われないために、いつもイヤイヤ頑張ります。それぞれリクエスト通り、長女用にに「フライ詰め合わせ」」を次女用に「ドーナツ大量」を用意。フライは肉ばかりだと見た目が可愛くないので、しし唐やかぼちゃ、ニンジンのフライも入れたのですが、「全面肉だけで良かったよ。みんな肉が好きだから」というのが長女の帰宅後のコメント。なるほどなるほど。若いねえ!

ざっと大まかに1ヶ月を振り返ってみました。カメラの勉強で、お菓子ばかり写真を撮ってアルバムにしてみました。良かったら見てください。
これです→Beautiful Lovely Sweets with my camera

それからこの季節人気のローストビーフの作り方は、過去のページを参考にしてくださいね。
ローストビーフの作り方

今年のクリスマスリースは今年中に必ずや、アップしたいと思います。
[ 2011/12/05 15:04 ] お仕事 | トラックバック(-) | CM(0)