ホーム > アーカイブ - 2012年05月

ホームページにレッスンページが増えました!

あじさい


本当にあれよあれよと月日は流れ、この間レッスンが終わったと思ったら、今週またレッスン。
明日は早朝から市場へ花の買出しです。

まだ、前回のレッスンの様子もアップしていないのに、あたふたあたふた。
前回のレッスンは、雑誌の取材が入りました。
5月25日発売の「世田谷ライフ」というちょっとお洒落な雑誌で、うちのいけばな教室が紹介されることになりまして。
その様子は、あさってぐらいに(明日と言える自信なし)、このブログにアップしようと思います。

写真は、前回のレッスンで残ったビバーナムを使っていけた作品。
初夏をイメージしてみました。

さて、まずホームページを少しリニューアルしました。

いけばな教室についての問い合わせが増えているので、
ホームページに「レッスン」について書いたページを加えました。
もし良かったら見てください。

Lesson of Atelier Soka

もう少し落ち着いたら、外国の方にも教えようと思い、英語のページも載せています。

English Version

日本語版、英語版、書かれていることは微妙に違います。
やっぱり、ちょっと国民性を意識して、英語版には外国の方に喜んでもらえそうなフレーズを入れたり。
以前、海外のお友だちに教えたときに思ったのですが、ちょっと禅っぽいことを言うと喜ばれるんですよね。
でも、同じことを日本人に言うのは、照れくさいかな。

草月流の公式ページにも、お教室の紹介を載せて頂いています。

草月公式 全国教室紹介ページ

と、ここまで書いたら、もう眠くてドロドロです。
ただ今、夜の11時半。
最近は、もう11時過ぎたら、使えない体になってしまいました。

最後は、バックを変えた写真を2枚。

葉2    葉1

バック紙を変えて撮影するだけで、同じ作品でも違ったものに見えませんか?

よく「いけばな」とはなんぞや?的な説明をするのですが、例えば分かりやすいのがこんな作品。
元は、モサモサとたくさんの葉がついたレモンリーフを、かなり散髪していけています。

レモンリーフをそのまま入れると、ジャングルのような仕上がりになります。
それを人の手を加えることによって、新しい美に変える。それが、いけばなです。

「花はいけたら人になる」
草月流初代家元の有名な言葉。

さて、今週のレッスン、たくさんの生まれ変わった花に出会えるのを期待しつつ、
今日はおやすみなさい。
[ 2012/05/22 23:23 ] アトリエ双香 | トラックバック(-) | CM(0)
プロフィール

MIKA OTANI

Author:MIKA OTANI


生け花サロン・アトリエ双香を主宰。毎日のさりげない遊びで日常をゆるやかに過ごせたらいいな。
そう思います。
http://www.atelier-soka.com
http://www.mika-otani.com