ホーム > アーカイブ - 2012年08月

7月 最後のお稽古は岩つつじ

ダリア

アトリエ双香は、8月はお休みを頂いています。どうしても夏の間は、花の傷みが激しいので、せっかくお稽古してもらっても、お花がすぐダメになってしまい、申し訳ないからです。

そして、8月も終わりに近づき、7月の最後のお稽古の様子をまだブログにアップしていないという状況にあたふた。早速、7月最後のお稽古を、思い出しながらレポートしてみます。

アトリエ双香 影の出来方

まず、花材は「岩つつじ」を市場で購入してきました。とても綺麗な岩つつじが手に入って! 少し葉が汚くなっているものや、傷んでいるつつじが多い中、この岩つつじはとにかく新鮮で、葉が青々としていました。

この花材の魅力は、なんていっても、その枝のラインの美しさ。たくさんの枝の中から、自分が美しいと思う枝、際立たせたい枝を「選ぶ」という作業がとても大切になってきます。そのままいけただけでは、ジャングルのようになってしまうので。自然の美からいかに自分だけの美を見つけ出すか、そんなお稽古でした。

生徒作品1   
生徒作品2

生徒さんの作品ふたつ。どちらも綺麗に岩つつじのラインが表現されていると思います。投入れでは、顔ぐらい大きいダリアを、盛り花では、リンドウとポンポン菊がいけられています。

他の生徒さんの作品はいつも通りアルバムを見てくださいね。
生徒さんの作品

私が余った花材で作った作品はこんな感じ。つつじとポンポン菊しか余らなかったので、同じ花材の使いまわしになりますが、同じ花材でも、作品によって雰囲気は全く違ってきます。花材に縛られない、表現が無限大のいけばなが私はやっぱり大好きです。

アトリエ双香 岩つつじ1

アトリエ双香 岩つつじガラスで

レッスン後の手作りデザートは、「冷やしぜんざい」と作ってみました。少し地味かしら?と心配していたのですが、なかなか好評でした。

アトリエ双香デザート 冷やしぜんざい

まだまだ暑い夏。どうか、みなさまステキな夏をお過ごしください!
[ 2012/08/21 16:16 ] アトリエ双香 | トラックバック(-) | CM(0)