ホーム > アーカイブ - 2013年11月

祝・お家元と記念写真

お家元と記念撮影

じゃじゃじゃーん。お家元と記念写真を撮って頂きました!
場所は、草月流本部の5階日本間の前で。

最近、本部教室のほうで、何度か通訳をやらせて頂いたのですが、そのときの海外の方が「家元と一緒に写真を撮れないか、聞いて欲しい」と言うので、おそるおそる聞いてみたところ、すぐにニコッとされて、OKのお返事が。
声をおかけしたのが、エレベーター前だったので、「もう、じゃあここで!」とカメラを構えたら、「せっかくだから、いい場所へ行きましょう!」とおっしゃってくださり、日本間前へ。
海外の方と家元を撮影し、うーん、ここはひとつ勇気をしぼって!と思い、「私も撮りたいです!」と言ったら、太陽みたいに笑ってくださって、一緒に写真を撮りました。

興奮のあまり、どたばたしていたら、「動きが面白い!」と笑われました。
草月流で学んでいるものにとっては、いわばお家元は天皇陛下みたいなもので、ものすごく緊張するんです。
でも、とても気さくで明るくて、おおらかなお人柄に触れて、ますますファンになってしまいました。

さて、そのとき、写真を撮るきっかけをくれたのがこの人、中国人のレスリーさん。
草月流本部で
中国人と知って、はじめ頑張って中国語で話しかけてみました。
ところが、全く通じず、落ち込んでいたら、フィリピン育ちで、中国語ができないとか。ものすごく綺麗な英語をしゃべります。今、北京で中国語を習っているそうです。
ほー、そんなこともあるのですね。世界は広いです。
もう、お会いすることもないかなあ?と思っていたら、先日も東京へ来ていて連絡があったので(そのときは残念ながら会えなかったのですが)、今後もお付き合いは続きそうな予感です。

草月流本部で
家元研究科というクラスで通訳をさせて頂きました。雰囲気は上のような感じ。
草月流では、師範以上しか受講できない最高位のクラスで、家元の指導が直接受けられる数少ないクラスです。
日本全国からみなさんいらっしゃって、切磋琢磨されているのですが、ここに毎回数人海外からも生徒さんがいらっしゃいます。

11月の家元研究科では、カナダ人のレオノーラさんの担当でした。
お花屋さんに記念写真を頼んだら、彼がiphoneの使い方が分からなくて、30枚ほど写真を連写!おかげで漫画のような面白い写真が撮れました。
草月流本部で

草月流本部で

草月流本部で
レオノーラさん、ご覧のように、かなりお疲れになっています。聞いたところ、日本に着いてから、1週間京都に行ったり、東京に帰ってきた翌日から浅草に行ったり、秋葉原に行ったりで、1日も休みなく過ごされているとのこと。
彼女は70歳と言っていたので、私が会った日はもはやどろどろ状態ですね。
今は、カナダに帰国して1週間経ったころだから、やっと落ち着かれたんじゃないかしら?
日本が大好きになってくれていたらいいな、と思います。

さて、先日渋谷でお家元のデモンストレーションがあり、アトリエの生徒さん数人と一緒に出かけてみました。
料金1000円ということで、実はそれほど期待していなくて、トークだけなのでは?と思っていたら、次々と作品をいけて見せて頂きました。
それも、最後には、ホールいっぱいに広がるような大作を生けてくださり、感動しました。
家元デモンストレーション


デモンストレーションというのは、いける過程もすべて見せる、いわば生け花ショーのようなもの。
想像をはるかに超える素晴らしいデモンストレーションに、うちの生徒さんも心動かされていました。

生け花って、今を生きていて、全然古臭くなくて、時代と共に変化し続けるアートなんだ!って、やっぱりどれだけ言葉で表現してもなかなか通じないけれど、こういう素晴らしいデモを見れば、言葉はいらないですね。

家元デモンストレーション
最後にうちの生徒さん数人と記念撮影パチリ。

これが終わったのが夜8時だったのですが、一緒のLauraが「お腹が空いた!」というので、お店探し。そうだ、この際、カラオケに行ってみよう!と、Laura、Gwen、Sandiの3人と共にカラオケ屋に入りました。
3人ともカラオケは人生初!ということで、かなり興奮していました。
草月流本部で
海外には、どうやら日本のような個室のカラオケはないようです。
「レストランとかでみんなの前で歌うから、うまくない人は、普通出て行かない」そうです。
Backstreet BoysやらBeyonceやらWest Lifeやらを歌いました。
「男の人の歌ばっかり入れたら、キーが低くて、私たちに合わなくない?」と言ったら、「キーとか言っちゃって、なんてプロっぽいの!キーとか考えたことない。すごいわ、Mika」とオーマイガッを連発して褒められ、本当にカラオケ初めてなんだなーとしみじみ。

「デモンストレーションといい、カラオケといい、人生で忘れられない1日になった! ありがとう!」と言われ、私も、日本人として少しは接待できたような気がして、幸せな気持ちになりました。

そんなこんなの秋でした。
さて、次回はいよいよお稽古レポート10月分を書きます。もう、いい加減書かなければ!
今週もまたお稽古があります。がんばりまーす!

最後までお読み頂きありがとうございました。
[ 2013/11/19 20:00 ] お仕事 | トラックバック(-) | CM(0)
プロフィール

MIKA OTANI

Author:MIKA OTANI


生け花サロン・アトリエ双香を主宰。毎日のさりげない遊びで日常をゆるやかに過ごせたらいいな。
そう思います。
http://www.atelier-soka.com
http://www.mika-otani.com