ホーム > アトリエ双香 > のこぎり登場のお稽古

のこぎり登場のお稽古

アトリエ双香・大谷美香作品

春は1年の中でも、特にお花の美しい季節ですが、私はその中でも枝もののお花に惹かれます。
上の作品では、ぼけとチューリップを生けています。
ぼけの独特のラインの美しさ、そしてそのライン上に咲く控えめな淡いピンクの花。
なかなか他の季節では手に入らないものです。

生け花では「線の構成」がとても大切にされているので、こういった美しいラインの枝もの、さらにそこに花が加わると、腕が鳴ります。(笑)
腕が鳴るような極上の枝ものたちが市場に行くとたくさん並んでいるので、目移りして大変です。

では、2月後半のレッスンの様子をレポートしようと思います。
なにせ私事ながら、長女の大学受験でバタバタしていたので、お稽古の様子もなかなかアップできずにいました。
めでたくそちらのほうも桜が咲いたので、今週は立て続けにブログを更新してみようかと思っています。

今回のレッスンでは、ぼけや紅梅を使いました。
とても枝のラインが美しい、生け花をやる者ならぜひトライしたい花材ですが、少し難点があります。
枝が太い! 初心者には大変かな?とも思ったのですが、何事も経験から。
のこぎりに挑戦してもらいました。

アトリエ双香・レッスンの様子
これが紅梅の枝。
アトリエ双香・レッスンの様子 アトリエ双香・レッスンの様子
ぎこぎことのこぎり作業中の生徒さん。
アトリエ双香・レッスンの様子 アトリエ双香・レッスンの様子
紅梅は、生けたときの立ち姿が圧巻です。難しい投入れに挑戦している生徒さんを見れば、枝の大きさ、迫力が分かるでしょうか?

アトリエ双香レッスンの様子 アトリエ双香・レッスンの様子
どちらも初めて生け花を生けた生徒さんの作品。いきなり難しい花材に挑戦してもらうこととなってしまいましたが、とても上手に生けられました!
アトリエ双香レッスンの様子
ついつい紅梅ばかりを褒めてしまいましたが、一緒に合わせたチューリップも、赤とオレンジがマーブルになったチャーミングな子でした。

アトリエ双香レッスンの様子 アトリエ双香レッスンの様子
こちらは、ぼけを使った生徒さんの作品。一緒に合わせたのは、アストロメリアとヒペリカムの実です。紅梅は力強いラインが特徴なのに対し、ぼけは予想できないような「あまのじゃく」的曲線が魅力の枝です。
アトリエ双香レッスンの様子 アトリエ双香レッスンの様子
上が紅梅の花。下がぼけの花。どちらも小さな奥ゆかしい花です。

さて、みなさんお楽しみのデザートは、焼きりんごでした。
アトリエ双香レッスンの様子

やっとこの回のレポートを終えほっとしています。毎回更新が遅くて申し訳ないです。
今週中には3月前半のレッスンの様子をレポートしようと思います。
元編集者とは思えない雑な文章、どうか見逃してやってください。

さて、最後はれんぎょうとチューリップをいけた私の作品を。剣山なしで、枝を支え合わせて固定しています。
これは、上級者の技のひとつなのですが、足元を見せることによって、すっきりした全体像を作り上げています。
アトリエ双香・大谷美香作品

今回も最後までお読み頂き、ありがとうございました。
関連記事
[ 2013/03/14 00:50 ] アトリエ双香 | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

MIKA OTANI

Author:MIKA OTANI


生け花サロン・アトリエ双香を主宰。毎日のさりげない遊びで日常をゆるやかに過ごせたらいいな。
そう思います。
http://www.atelier-soka.com
http://www.mika-otani.com