ホーム > アトリエ双香 > 4月前半のお稽古・コデマリを使って

4月前半のお稽古・コデマリを使って

アトリエ双香・大谷美香作品

新緑の眩しい季節となりました。灼熱地獄も嫌なので、このぐらいの気候が一番好きです。
上の作品は、カラーや麦を使って、「元気」をテーマに生けてみました。
麦は、地味なようですが、私はとても好きで、緑の妖精のようだと思っています。作品に取り入れると、その妖精パワーをいかんなく発揮してくれるような、そんな感じ。

さて、それでは遅ればせながら、4月前半のお稽古のレポートを開始!

まず生徒さんの作品から。
最近はいろいろな種類の花材を買って生徒さんにお渡しするので、生徒さんによって、花材も違ってきています。それがまた楽しいのですが。
今回用意したのは、小手毬、ライデン、花ズオウ、アルストロメリア、ブプレウルム、カラー、レースフラワー、フリージアなどなど。

アトリエ双香レッスンの様子
こちらの作品は、小手毬やアルストロメリアなどを使っています。小手毬のラインの出し方が上手! 紫のアルストロメリアは珍しいです。

アトリエ双香レッスンの様子
カラーのバランスが上手い! レースフラワーは「野良ニンジン」という品種で、紅色をした珍しい種類のものです。こういう花を手に入れられると、市場に行く苦労も報われるというものです。

アトリエ双香レッスンの様子
緑の葉が美しいのはライデン(雷電木)という枝です。葉の形に品があって、佇まいの美しい枝ものです。

次に生徒さんのお稽古中の様子。代表して何枚か載せてみます。

アトリエ双香レッスンの様子

アトリエ双香レッスンの様子

アトリエ双香レッスンの様子

アトリエ双香レッスンの様子
こちらは、ドミニカのラウラ。本当に頑張っています。あまりに真面目なので、私のラテン人に対するイメージがくつがえりました(笑)

アトリエ双香レッスンの様子
こちらは、ロスから来たテイラー君。自分の作品を一生懸命撮っている姿が可愛くて、激写(笑) 
アトリエでは、生徒さんが完成した作品を自分で撮影するちょっとした舞台を用意しています。


そして、最後に今回のデザートは・・・・・・
「抹茶ロール」を作ってみました。

アトリエ双香レッスンの様子

アトリエ双香レッスンの様子
自家製ミントを合わせてみたら、コンビネーションが絶妙でした。

アトリエ双香レッスンの様子

最後に桜でお別れを。
とうとう市場でも桜を見かけることはなくなりました。これで、今年の桜も見納めですね。
椿と一緒に生けてみました。
アトリエ双香レッスンの様子

それでは、みなさま、どうか爽やかな初夏をお楽しみくださいませ!
関連記事
[ 2013/05/09 10:43 ] アトリエ双香 | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する