ホーム > アトリエ双香 > 夏 最後のお稽古でした!

夏 最後のお稽古でした!

アトリエ双香・大谷美香作品

アトリエ双香・大谷美香作品

上の写真は、いがなすです。こうやっていけると、ちょっと人みたいに見えませんか?
上は、「おはよう!」って話しかけている人、下は、サッカー観戦で盛り上がってる友だち同士って、ところでしょうか?

夏なので、ちょっと元気がでるような作品を作ってみました。
今の私の気分も、こんな感じです(笑)

さて、8月の間お稽古はお休みとなりますので、先日、この夏最後のお稽古が終わりました。
いつも花材の写真を撮る余裕がなかったのですが、今回は、たくさん写真を撮ったので、まずは使用した花材の説明から。

もちろん卸売り市場で、私が買ってきた活きのいい子たちばかりです。

アトリエ双香・レッスンの様子
こちらはクルクマ。この花弁の形がやはり可愛いです。
アトリエ双香・レッスンの様子
オレンジのものはトリトマ。球形のものは、エチナセアの花びらが落ちた後の真ん中の部分です。こういったちょっと目先の変わった花材を入れると、生け花も個性的なものに仕上がります。
アトリエ双香・レッスンの様子
淡いピンクオレンジのダリア。
アトリエ双香・レッスンの様子
アトリエ双香・レッスンの様子
花弁が放射線状に広がるアガパンサス。打ち上げ花火みたいに見えませんか?
アトリエ双香・レッスンの様子
緑の実が美しいナナカマド。
アトリエ双香・レッスンの様子
今の時期、ほわほわとした花をつけるリョウブ。これは、少し赤みがかった花をつける赤花リョウブです。
アトリエ双香・レッスンの様子
花が咲いたミントやアフリカンブルーバジルも買ってきました。いけていると、いい香りがします。もちろん食べられます(笑) そのことを生徒さんに言ったら、「今夜はモヒートを作る!(酒です)」とむしった葉っぱを全部大切に持って帰った人が何人も!
アトリエ双香・レッスンの様子
これは、私の大好きなハスの実。面白い表情をしているので、創作意欲が湧く花材だと思います。

全ての花材を写真に収めることはできなかったけど、まあ、大体はこんな感じの花材でお稽古を進めました。

次は、生徒さんの代表作を何点かピックアップ。
アトリエ双香・レッスンの様子
アリウムの流れるようなラインが美しい作品。唐辛子やポンポン菊が一緒にいけられています。
アトリエ双香・レッスンの様子
枝(ナナカマド)のラインの取り方が上手な作品。
アトリエ双香・レッスンの様子
こちらはリョウブの葉を上手にお掃除。葉っぱの取捨選択は、生徒さんがいつも悩むところです。
アトリエ双香・レッスンの様子
2鉢を組み合わせて、ひとつの作品にしています。
アトリエ双香・レッスンの様子
アリウムの空間の取り方の大胆さとダリアの可憐さが絶妙なコンビネーションを生んでいます。
アトリエ双香・レッスンの様子
こちらは生徒さんがfacebookに上げていたものをお借りしました。Instagramというアプリを使っていると思うのですが、こうやって加工すると、いいですねー!蓮も喜んでいます(笑)

今回の手作りデザートは、「スイカスープの上に浮くバニラアイス」でした。
真っ赤なスープに、「この色は何かで着色したのですか?」とよく聞かれたのですが、スイカの色のみです。
スイカをミキサーにかけ、スープ状にして、そこに、バニラエッセンスやシロップ、ミントなどを加えました。
全くの思いつきデザートです。
アトリエ双香・レッスンの「様子

さて、オーストラリアへの出発もあさってと迫り、相変わらずいつもぎりぎり勝負なので、とても慌てふためいています。

でも、出発する前に、先週末、草月本部のイベントで通訳をやらせて頂いたときのお話もレポートしたいので、明日中にはブログの更新がんばります!

最後までお読み頂き、ありがとうございました。
関連記事
[ 2013/08/01 21:00 ] アトリエ双香 | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

MIKA OTANI

Author:MIKA OTANI


生け花サロン・アトリエ双香を主宰。毎日のさりげない遊びで日常をゆるやかに過ごせたらいいな。
そう思います。
http://www.atelier-soka.com
http://www.mika-otani.com