ホーム > お仕事 > オーストラリアで生け花デモンストレーション! その1

オーストラリアで生け花デモンストレーション! その1

オーストラリアで生け花

まだまだ暑いですが、9月となりました。みなさまは、どのような夏を過ごされましたでしょうか?
私は、先日、オーストラリアのパースから、1ヶ月ぶりに無事日本に帰って来ました。

パースは、オーストラリアの左端。シドニーやゴールドコーストとは真反対の場所で、あまり日本人がいない地域です。
実は、私がパースに1ヶ月滞在したのは、次女をあちらの公立高校に1ヶ月入れるため。
季節が真逆なので、高校は8月中夏休みもなく(まあ、冬ですから)通常営業で、留学生を受け入れてくれるのです。
全く日本人のいないネイティブだらけの環境を探していて、ここパースに行き当たりました。
彼女はホームステイなので、到着した後はお任せなのですが、問題は現地集合だったこと。
直行便がなく乗り継ぎが少々ややこしくて、不安が残り、行き帰りを私が共にすることにしたのです。

つまり、あちらに着いた後は、私は1ヶ月のフリーダム!!! まさに人生の夏休み!
ただ、ぼーっとしているのはつまらないので、早速現地の大きなフラワースクールに連絡を取ってみました。
Flowers Design School という学校です。
Flowers Design School の facebook ページ
上のfacebookページは、この学校の掲示板みたいなものなので、8月の記事には私も写っています。
Flowers Design Schoolのホームページ
上の学校のホームページ。とても素敵で、「ぜひここでやりたい!」と思うきっかけになったページです。

いろいろなやり取りの後、こちらの校長先生、シェリルがとてもとても温かい人で、すっかりこの学校が好きになりました。
シェリルの計らいで、特別に、学校でユーロピアンスタイルのアレンジを習ったり、代わりに生け花デモンストレーションをするということになったのです。

実はビジネススクールにも通っていたので(この話はまた後ほど)、パースに到着して5日ほどしてから、やっと挨拶に行くことができました。
そのときの写真が、一番上の写真です。

一番左端が校長先生のシェリル。やっぱり、想像通り素敵な先生で、昼に挨拶に伺ったら、そのまま意気投合し、しゃべり続け、夜の部の授業に飛び入り参加させて頂くことに。

オーストラリアで生け花

テーブルアレンジのクラスでした。生徒に質問を投げかけながら、講義していきます。
「ときどき質問を投げかけるのって、講義が活性化されていいなあ」とぼんやり考えていたら、思いっきり当てられました(笑) やっぱりぼーっとしている生徒は分かるのですね。
シェリル「アレンジにおける2Dって何?」
私「3Dが幅と高さと奥行きだから、奥行きがないってこと?」
シェリル「正解!」
当たって、ほっと一息です。
では、気になった作品を2つほど。

オーストラリアで生け花
これは、オーストラリアならではのワイルドフラワーのみを使ったアレンジ。これぞ豪州!といった感じでしょうか。

オーストラリアで生け花オーストラリアで生け花
こちらはシェリルの古くからの友人、リンダ。彼女は、いつも花材を自分の庭から調達してきます。なので、オーストラリア原種の花がいっぱい!
力強いイメージのアレンジです。

さて、また日を改めて、ブーケ作りにも挑戦しました。
まずは、早朝お花市場に花の買い付けに。
この時も、シェリルが車に乗っけてくれて、そのままビジネススクールまで送ってくれました。
もはや、お母さんのようにお世話になっています。
オーストラリアで生け花
バンクシャというあちら原産の花が、種類も豊富に売られています。
オーストラリアで生け花
オーストラリアはこれから春なので、桜が!
オーストラリアで生け花
オーストラリアで生け花
売られ方は、日本の花市場とそう変わりはありませんが、夏が暑い土地柄のせいか、冷房機能がかなり行き届いた市場でした。つまり、ものすごく寒いです。キンキンに冷えています。


ブーケ作りの花材は、オーストラリア原産の花を中心にチョイス。
やっぱりその土地ならではのものを使って野性味溢れるブーケを作りたいと思いまして。

オーストラリアで生け花
午後再びスクールを訪れ、作ったブーケがこちら!

オーストラリアで生け花
オーストラリアっぽさ、出ていますでしょうか?
オーストラリアで生け花
教えてくれたのは、ドイツ人のアイリス先生。ワンツーマンだったせいもあり、あらゆる技をあれもこれもと、教えてもらいました。
練習ということで、写真に収めたもの以外も、たくさん作ってみました。技の習得が目標なので、途中まで作り、また次に新しいものを作りといった感じで、もはや大特訓状態です。
生け花とは違う手法なので、やっていて新鮮で楽しいです。

長時間二人でいたので、いろいろ「深くていい話」をしました。詳しくは書きませんが、要約すると、「人生いろいろ」(笑)
花も好きですが、私は花を扱う「人間」が大好きなんだなあと、つくづく思います。

そのまま、夜のウェディングコースのクラスにも参加。ティアドロップ型のブーケを作るレッスンでした。
オーストラリアで生け花
アイリスの授業は、理論的で分かりやすい! 人の教え方を見るというのも、とても勉強になります。

せっかくなので、少し動画も貼り付けておきます。40秒ほどの動画ですので、雰囲気だけでも。
アイリスの講義

オーストラリアで生け花
今日のブーケ作りに欠かせないのは、ワイヤリング。私は、各生徒さんのテーブルを回って、ワイヤリングのお手伝い、というか練習です。
生け花にはワイヤリングは必要ないので。でも、ちょっとこの技は使えそう!と思っています。
隠し技に今後使う気満々です。
オーストラリアで生け花
で、記念写真。
この時点で、夜9時を過ぎていました。
私が帰ろうとすると、アイリスが追いかけてきて「何、まさか電車とか使うんじゃないでしょうね。友だちを車で送らないわけないでしょー」と言ってくれました。
なんて優しい! じーん。温かいもので心がいっぱいになりました。
アイリス、小さな赤ちゃんもいるから、早く帰りたいはずなのに!

本当にパースで私はいろいろな人に支えられました。
人の優しさがこんなに溢れている土地って、素敵です!

そろそろ長くなってきたので、次回は、いよいよ「生け花デモンストレーション」の話を!

最後まで読んで頂いてありがとうございました。
関連記事
[ 2013/09/03 20:00 ] お仕事 | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する