ホーム > アトリエ双香 > 遅ればせながら、10月のお稽古を振り返って

遅ればせながら、10月のお稽古を振り返って

まずは、私のいけた秋の作品をふたつ。
アトリエ双香・大谷美香作品
真っ赤な唐辛子と赤い実で、実りの秋を表現してみました。

アトリエ双香・大谷美香作品
小さな菊たちに華やかさを与えているのは、スチールグラスの葉。放射状に広げて、空間の広がりを演出してみました。

あと、田舎で拾った栗をいけてみました。
栗のいがって、本当に痛いんです。ちょっと触れたら、想像以上の痛さで、栗を怒らせないように、慌てふためいて生けたのが下の写真。栗、柿、芋の季節ですね!
アトリエ双香・レッスンの様子

さて、昨日、11月最後のお稽古が終わりました。
1ヶ月遅れですが、10月のお稽古を振り返ってみたいと思います。そして、次回は11月のお稽古のレポートを!
あくせく、あくせく。

まずはお教室の様子から。
アトリエ双香・レッスンの様子
真剣にがんばる3人中、なんと2人が妊婦という、相変わらず妊婦率の高いうちの教室風景です。
でも、ここに写っている2人もとうとう産休に入りました。
人生の一番勝負、がんばれ! 元気な赤ちゃんと一緒にまた会える日をとても楽しみにしています。

アトリエ双香・レッスンの様子
こちらは外国人チームの3人。同時に修了証が届いたので、3人で記念撮影をしました。
修了証は英語版。日本語版だと、自分の国に帰ったときに、周りの人が偽物か本物か見分けが付かないので、海外の方は、英語版の修了証を取得されます。
3人とも、とてもうれしそうでした!

アトリエ双香・レッスンの様子 アトリエ双香・レッスンの様子
こちらは、新しくうちの教室に入られたカイキンさん。台湾からの留学生で、なんと東大の大学院で工学の研究をされています。その上、美人! まさに才色兼備な新メンバーです。

アトリエ双香・レッスンの様子
こちらは、NYに住んでいるBAOさん。1週間の日本滞在の中で、うちに「生け花体験」のため来てくれました。BAOさんは、家具や雑貨の新進アーティストで、テレビにも出る有名人だそうです。(本人が言ってた)
とても生け花に感動してくれたみたいで、また日本に来るときにはお稽古したい!と後からメールをくれました。
ちなみにBAOさんは、中国系アメリカ人です。

次は、使った花材をピックアップしてご紹介。最近は、一気に30種類以上の花を市場で仕入れてくるので、全部のご紹介はできないのです。ごめんなさい。

アトリエ双香・レッスンの様子
白い新種のダリア。花びらがダイアモンド型で綺麗!
アトリエ双香・レッスンの様子
オレンジのデンファレ。白や黄色じゃなくて、こういうオレンジ色だと、デンファレも秋っぽさを演出できます。
アトリエ双香・レッスンの様子
ものすごく小さい黄子菊。野草っぽくて、たおやかで、思わず購入しました。秋の優しさが出ています。
アトリエ双香・レッスンの様子
これは、私の大好きな菊。花びらのふちが薄いエメラルドグリーンで縁取られています。もちろん、新種の菊ですが、菊も昔と違って、最近はファッショナブルというか、エレガントというか。
アトリエ双香・レッスンの様子
こちらはスモークツリー。ロイヤルパープルという素敵な名前が付いていて、紫がかった赤い葉が美しいです。


では、生徒の皆さんの作品の中から、素敵な作品をいくつかご紹介。
アトリエ双香・レッスンの様子
木苺の紅葉の葉が、空間の中で伸びをしているみたい。
アトリエ双香・レッスンの様子
足元をわざと見せて、すっきりと花器から立ち上がる姿が美しい作品。
アトリエ双香・レッスンの様子
こちらは、水をいかした作品ですが、なんと花器の模様をいかして、実際の花と花器の中のデザインがまるでつながっているように見えます。
アトリエ双香・レッスンの様子アトリエ双香・レッスンの様子
こちらは、見る角度によって、それぞれ表情が違うように工夫された作品。4方向どこからでも、楽しめる作品です。
アトリエ双香・レッスンの様子
柳の弧を描くラインが綺麗に創られた作品。ピンクのお花は、金魚草。金魚のように、ぷっくりした姿が可愛らしい花です。
アトリエ双香・レッスンの様子
2種類の葉と植物ではない異素材(ワイヤー)を合わせた作品。
アトリエ双香・レッスンの様子
レースフラワーで作られた可憐な丸形を写真に美しく収めたくて、思わず赤いボードをお貸ししました。ニューサイランの葉のあしらい方ともバランスが取れています。

さて、私の手作りデザートは、
アトリエ双香・レッスンの様子
10月前半は、シナモンやナツメグ、カルダモンなどたっぷりのスパイスを入れた香りの良いスパイスケーキ。
アトリエ双香レッスンの様子
10月後半は、りんごとさつまいもが山のように入ったパウンドケーキでした。

10月お稽古レポートが終わり、ほっとしました!
さて、12月前半は、毎年のことなのですが、少し生け花を離れて、クリスマスリースを作ります。
今年は、モミやヒバやユーカリなどの葉をふんだんに使い、緑のバリエーションが際立つナチュラルなリースを作る予定。
結構大きめに仕上がるので、玄関が燦然と輝くはずです(笑)

では、最後までお読み頂きありがとうございました。
関連記事
[ 2013/11/24 20:00 ] アトリエ双香 | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

MIKA OTANI

Author:MIKA OTANI


生け花サロン・アトリエ双香を主宰。毎日のさりげない遊びで日常をゆるやかに過ごせたらいいな。
そう思います。
http://www.atelier-soka.com
http://www.mika-otani.com