ホーム > アトリエ双香 > 今年最後のお稽古

今年最後のお稽古

P1050831.jpg

緑の菊をいけてみました。直線のラインは、緑の「青文字」
この時期、心がめでたい気分なので、花器はゴールドで。

さて、年内最後のお稽古の様子をレポートします。
とうとうお正月が迫っていて、かなり心情的に慌しいので、バンバン行きます。
文章が雑だったら、年の瀬のせいです。お許しください。

まず花材の紹介から。おめでたい花材がいっぱいです!
P1050880.jpg
椿
P1050881.jpg
葉牡丹(綺麗な紫色のものを市場でゲットしました!)
P1050884.jpg
デンファレ(この紫も綺麗ですよねー)
P1050885.jpg
雪柳(今は、緑色の蕾ですが、雪をふりかけたような白い花がいっぱい咲きます)
P1050892.jpg
水仙
P1050890.jpg
ガーベラ

菊はいろんな種類があって飽きません。
P1050887.jpg
黄色い花びらの尖った花火のような形の菊。
P1050882.jpg
紅白の小さな菊。形がぷっくりしています。
P1050888.jpg
こちらの菊は、元々白い菊だったものに、農家の方がピンクの液を吸わせて出荷させたもの。
P1050891.jpg
紫と黄色の古典的な小菊。

などなどの花材でした。

今回のお稽古には、観光で来日しているアメリカの方が、生け花体験をしたくて、飛び入り参加してくれました。
P1050875.jpg
マサチューセッシュ州から。うーん、舌をかみそうな州です(笑)
親子で参加。お母様が大きなお庭を持っていらっしゃるそうでお花が大好き!ちなみに、娘さんはマンガが大好きだそうです(笑)

では、生徒さんの作品をいくつか。
P1050865.jpg
椿の一種いけに挑戦! 椿、難しいのに、がんばりました!
P1050870.jpg
こちらは、お正月花に挑戦!
P1050872.jpg
レッドウイローが燃える炎のようで、大胆! 
P1050862.jpg
全体にバランスのいい感じ。
P1050861.jpg
横に渦を巻くかのようなラインが素敵です。
P1050868.jpg
こちらは、ユーカリの下へしな垂れる様子が美しい!
P1050876.jpg
こちらは、大きなガラスの花器に、木・ボク(枯れ木)を花留めにして、豪華にいけています。大きな花器に花をしっかり留めるのって、難しいのに、がんばりました!

さて、今回の手作りデザートは、
P1050877.jpg
バナナやブルーベリー、オレンジなどのフルーツに、少しブルーベリージャムやクリームチーズをかけて、
P1050879.jpg
アーモンドや小麦粉、砂糖をかけて焼くと、
P1050897.jpg
「いろいろフルーツのアーモンドクランチかけ」のできあがり。
P1050896.jpg
あつあつをどうぞ! というような感じでした。

あー、やっとお稽古レポート終えることができました。ほっ!

今年1年、素敵な生徒さんに囲まれて幸せに過ごすことができました。
これも、ひとえに生徒さんたちのキラキラした輝きのおかげ。

先日、新しく入った生徒さんに、「来ている方、いい人たちばっかりですね」と言われました。
そーなんです! うちの教室で一番すごいのは、生徒さんたちなんです。
他はともかく、もし「生徒さん自慢大会」があれば、私、勝てるような気がします(笑)

では、どうかみなさま良いお年を!
また来年も、生徒のみなさんと、わいわいがやがや笑い合いながら、たくさんのお花と出会えますように。

ありがとうございました。
そして、またよろしくお願い致します。

関連記事
[ 2013/12/31 06:00 ] アトリエ双香 | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する