ホーム > アトリエ双香 > クリスマス・リースのレッスン

クリスマス・リースのレッスン

毎年、忘年会代わりにクリスマス・リースレッスンをやっています。
「いけばな」ではないのですが、作ったものを家の前にかけられて、「近所で評判のリース」になるととても好評なので、毎年続けています。
あと、いけばなは構成を真剣に考えながらいけるので、ぺちゃくちゃおしゃべりしながら、というのが難しいのですが、リースだとのんびりと好きなものを貼り付けていくだけなので、みんなでのんびりおしゃべりできるからです。

長年いけばなをやっているせいか、リースも少し「いけばな風」になります。
今年のリースはこれ(毎年、違うリースを作っています。去年はユーカリでした)
P1080268.jpg
赤を基調に自然感をいかすリースにしてみました。

サンキライの実、赤柳(レッドウィロー)、りんご、ヒペリカムの紅葉、モミジバフウの実、シダーローズ、ライスフラワーを使っています。
シダーローズとはヒマラヤ杉の巨大な実の一部。大きな松ぼっくりのような実が、最後にはばらばらと崩れ、地面に頭の部分が落ちて来ます。その頭の部分が、あら不思議。バラの花に似ているのでシダーローズと呼ばれています。
IMG_6218.jpg
今回はその形がよく目立つように、事前に私が白色でペイントしました。
IMG_6220.jpg

IMG_6219.jpg
こちらはモミジバフウの実。金色に染めて、みなさんにお渡ししました。写真はまだ色を塗る前のものです。

P1080282.jpg
アップ写真。
P1080272.jpg
サンキライの実が飛び出るように作ることもできます。
P1080284.jpg
これは、私が作ったまた別のもの。材料は同じですが、ひとつとして同じものはできません。

IMG_6227.jpg
生徒さんの「できたー!」の写真。

今回はたくさん記念撮影を行ったので、お時間のある方はぜひアルバムをご覧ください。
クリスマス・リース・レッスン みんなの記念写真

ちなみに私はリースを両親やお世話になったお友だちへのプレゼントに6個作りました。
IMG_6242.jpg
リースを作っていると、ぼんやりいろいろ考え事ができるので、ちょっと今年を振り返ってみたりもして。
いい年末行事です。

さて、最後にこの時期にいけた私のいけばな作品をいくつかご紹介します。

まず、リースの残り花材で作ったのがこの2点。
P1080286.jpg
こちらはニシキギを余ったサンキライとヒペリカムの葉に合わせてみました。

P1080290.jpg
こちらは、まさに真っ赤な作品。

「いけばな」では、クリスマス作品は、「赤・緑・白」の3色を使うことが決まりです。
こちらがクリスマスいけばな。
P1080302.jpg
白塗りの枝、シダ、万両の実、白、緑、赤を使っています。

P1080254.jpg
こちらも3色で。赤芽ヤナギと赤い菊、スギと白く漂白された葉を使いました。

P1080305.jpg
こちらはちょっと水引で遊んでみたもの。

次回は、年内最後のレッスンについてレポートしてみたいと思います。
関連記事
[ 2015/12/25 11:49 ] アトリエ双香 | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

MIKA OTANI

Author:MIKA OTANI


生け花サロン・アトリエ双香を主宰。毎日のさりげない遊びで日常をゆるやかに過ごせたらいいな。
そう思います。
http://www.atelier-soka.com
http://www.mika-otani.com