ホーム > つれづれ > 山本寛斎さんと草月会のコラボイベント

山本寛斎さんと草月会のコラボイベント

久しぶりの更新です。近況は基本的にFacebookで行っているので、一刻もはやく知りたい、という方はそちらに訪問してくださいね。ホームページにリンクボタンが貼ってあります。
生徒のみなさんはお気軽に友達申請を。すぐに連絡も取れるので、やはり便利です、Facebookは。
最近は、Innstagramをやったほうがいい、という意見もあって、そうすると、あちらこちらになって、それだけで時間を取りそうなので、考えちゃいますね。便利すぎて、かえって不便という変な状況です。

さて、先日山本寛斎さんと草月会がタッグを組んだ壮大なイベントがあり、そこに出演させて頂いたので、その報告を。
3_large_convert_20160805135737.jpg

イベント名は「日本元気プロジェクト」
こちらがイベントのサイト
日本を元気にするようなイベント、ということで、山本寛斎さんが総合プロデュース、草月流の茜お家元が特別協力という形で、ファッションショーと生け花がドッキングしたような色彩あふれるものでした。

まずは、準備として、自分が持つ竹のオブジェ制作に草月会のアトリエへ。
IMG_7634.jpg
すごい竹の量です。草月流といえば、竹。竹を割る特別の器具もアトリエにはあります。
IMG_7635.jpg

こちらが竹を割った「割り竹」 草月流では、いろいろなインスタレーションで活躍する花材で、竹は細く割られると、非常に弾力性のある柔らかな素材へと変化するので、その特徴をいかします。
IMG_7633.jpg
オブジェの骨組み完成。

さて、イベント前日。舞台に巨大なインスタレーションをみんなで作っていきます。

DSC_4950_xlarge_convert_20160805140117.jpg
草月では、こういう制作のときには、上下黒になるのがお決まり。
IMG_7638.jpg
会場は代々木第2体育館。広いので、作るものも大きくなります。
IMG_7636.jpg
本部の方より、見せて頂いたデザイン画。この形に向けて、みんなで力を合わせていきます。もはや大工工事です。
IMG_7698.jpg
上部だけ竹が割られた「竹火山」
IMG_7700.jpg
波のようにうねる竹のインスタレーション。
IMG_7709.jpg
こちらは竹でできたスクリーン。竹の裏面を利用して、草月ならではのスクリーンが登場しました。
IMG_7708.jpg
全体像。
IMG_7687.jpg
照明があたると、また別の表情を見せます。

さて、当日。
当日は華やかなファッションショーなどが舞台上で繰り広げられます。
39_large_convert_20160805140035.jpg

草月の担当は、最後のとり。壮大な音楽とともにお家元がランウェイの上で大きな作品を作りあげていきます。
IMG_7697.jpg
登場したのは、巨大な藤づる。これで骨格が作られていきます。
IMG_7674.jpg
ドウダンツツジが入りました。寛斎さんは、この作品を「元気の木」と呼んでいました。
IMG_7705.jpg
いよいよ完成間近というときに、いよいよ私たち、「草月チーム」の登場。
IMG_7701.jpg
大きな竹のオブジェを抱えながら、ランウェイを取り囲みます。
4_large_convert_20160805135903.jpg
音楽もヒートアップして、私たちは、大きなオブジェを掲げながら、小躍り状態。
IMG_7673.jpg
いざ完成!!!
圧巻の眺めです。
IMG_7711.jpg


こちらが山本寛斎さん。熱い方でした。
42_large_convert_20160805140051.jpg

さて、こちらは練習のとき。楽しそうにオブジェを掲げる私がいます。
DSC_4985_xlarge_convert_20160805140142.jpg
実は本番はヘアメイクが入りました。ヘアメイクにもテーマがあって、みんな同じメイクをしてもらうのですが、これがまた斬新で!
来てもらった生徒さんに、一生懸命アピールしてもなかなか私だと気づいてもらえませんでした。
その写真がこちら。
IMG_7690.jpg
来てもらった生徒さんとパチリ。
IMG_7680.jpg
最後に草月チームのみんなで、お家元を囲んでパチリ。
9_large_convert_20160805135933_20160805233633a58.jpg


熱い夏の2日間でした。こういう新しいことにどんどん取り組んでいく流派だからこそ、楽しくてこんなにも長く続けてこられたんだな、と実感。お忙しい中、たくさんの生徒さんに来ていただきました。本当にありがとうございました。

つたないイベントレポートでした。
関連記事
[ 2016/08/05 23:40 ] つれづれ | トラックバック(-) | CM(1)
竹、竹、竹....! その圧倒的、かつ美しい世界観に息をのみました。これぞまさに感無量! 先生のご多忙ぶりにはいつも感銘をうけると同時に、私も早くそのように活躍できるようにと向上心をいただきます。これからの活動もブログで拝見できること楽しみにしております。
[ 2016/08/06 21:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

MIKA OTANI

Author:MIKA OTANI


生け花サロン・アトリエ双香を主宰。毎日のさりげない遊びで日常をゆるやかに過ごせたらいいな。
そう思います。
http://www.atelier-soka.com
http://www.mika-otani.com