ホーム > お仕事 > パーティー

パーティー

うどんとそばと  白ばら

先週、お仕事でお世話になっているIさんの社長就任パーティーに行ってきました。Iさんは女性。勢いのあるネット関係の会社で、まさに、女性社長就任です。

Iさんとお仕事で知り合ったのは、4年ぐらい前。同じぐらいのジェネレーションなので、初対面からものすごく親近感を持ったのを覚えています。そこそこ年なのに(もちろん、私もですが!)、すごく若く見えて、はつらつとしていました。そして、パーティで会ったら、ますます綺麗になっていて、感動!

同じぐらいの年の人ががんばっている姿を見ると、ものすごく刺激を受けます。なんとなく、ちょっと人生半ばも過ぎちゃって、あまり夢を描けなくて、惰性になりつつある毎日に、「いや、そうじゃないのかも。これからの道のりはまだまだいっぱい残っているじゃない!」と思えるような。心の中に小さな花火が打ちあがりました。

社会に出てみて気付いたのは、日本は根強い男性社会だということ。フェミニズムを振りかざすつもりは全然ないし、「まあ、そんなもんかなあ」とあきらめつつあるところなのだけど、社会の主要なポイントにお飾りじゃなく女性が就くことは、至難の業であることを知っています。

Iさんはお飾りじゃない社長で、そのリーダーシップがとても爽やかなのに、また感動します。きっと、私の知らないところでは、ものすごい苦労と戦い、計り知れないプレッシャーを背負いながら、なおかつ爽やかに笑っているんだろうなあ。私も、頑張らなくっちゃ! 染まりやすい性質なので、すごく元気をもらいました。そして、シャンパンぐいぐい飲んじゃった! うーん、祝い酒だぜ。

さて、パーティはとてもステキな一軒家のイタリアンで、料理もオシャレだったのに、いろんな方としゃべったり、シャンパンをぐびぐびするのに忙しく、なんと写真を撮るのを忘れてしまった。。。

でも、そのレストランは、浅草近くにあったので、駅から歩いていく途中、おもしろい看板を見つけて写真を撮りました。浅草っぽい?看板たちです。そばとうどんとお酒の店は、立ち食いで、本当におっさんたちが、そばを食べながら日本酒を飲んでいました。浅草に足を踏み入れたのは、ほぼ20年ぶり。その非日常の空間に、目を奪われて写真を撮っちゃいました。
関連記事
[ 2010/03/17 00:25 ] お仕事 | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する