ホーム > つれづれ > 赤いボタンがピーコンピーコン

赤いボタンがピーコンピーコン

ウルトラマン

がーちゃんがイギリスに旅立って2日目の早朝4時半、いきなり電話が鳴り響きました。
受話器を取ると、泣きじゃくるがーちゃん。

いきなり氷水を頭の上から浴びせかけられたようで、眠気も一瞬に吹き飛びました。

「どーした?!!!!」
「道に迷っちゃったよおおおお。真っ暗だよおおおお。どうしよう。。。。」

どうにか話を聞くと、1日目の学校で、夜ウエルカムパーティーがあり、その帰りバス停を1個間違えて降りてしまったよう。バスの運転手さんから、「1個だから歩いて戻ればいい」というようなことを言われ、歩いている途中、道は真っ暗だわ、人はいないわ、道があっているのかどうかさえ分からなくなってきたわ、ということでのイマージェンシー・コールでした。現地時間は夜の9時半。

ホームステイ先に電話したら、向こうのお母さんは何かいっぱいアドバイスをくれたらしいけど、何を言っているやら全く分からなかったらしい。

(夜。しかも人通りが少ない!? やばいんじゃないのっ! どうしてバスで1個戻らなかったんだろう? あっ、でも、ここで声を荒げてはだめだ! まず気持を落ち着かせないと。。。)

「何か見える?」
「。。。。。ジャクソンっていう中古車屋がある」
「電話番号書いてないの?」
「ホームページ・アドレスがあるかも!」

それだ! パソコンを開ける。ジャクソンを検索。住所をチェック。コピペして、google earthへGO! 
ストリートビュー開始!

発見! ジャクソン中古車店! ホームステイ先の家は……あっ、あと一息じゃない!

「近くまで来てるよ! 頑張れ! ほら、まっすぐ行って! 右にフィッシュ&チップスの店があるでしょ。赤い看板の。その店の前を通って……」

電話開始から40分後、ようやくがーちゃんはホームステイ先に到着しました。

よくよく後からストリートビューを見直すと、彼女の歩いた道は両側に家もなく、ただ両側が森になっているような道で、途中に川までありました。この道で夜となると、真っ暗でしょう。多分私でさえ泣いたかも。本当に何事もなくて良かった。

電話をしているあいだ中、ずっと胸のボタンがピーコンピーコン鳴り続けているような、そんな気分でした。

ほんと、google earthがあって良かった。あんなに真剣にストリートビューを見たのは初めて。今回ばかりは、googleに大感謝です。

さて、今日もまた先ほど電話がありました。あちらは昼休みだそう。

「友達できたよおーーー。スペイン人とロシア人と中国人だよー。それでさー」とノリノリ。

途中、友達に話しかけられているのか、「イエーーーーイ!」とか「ホーーーーー!」とか叫んでいて、何やら楽しそう。昨日まで元気がなく、どうなることやら。。。とかなり心配していたので、母はほっとしました。

これでようやく安心して眠れます。

写真は、ピピ2が撮影したもの。
関連記事
[ 2010/08/04 23:38 ] つれづれ | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する