ホーム > つれづれ > 100年ぶりのロンドンとパリ

100年ぶりのロンドンとパリ

庭

明日から旅行。思い切って15日間。
土曜日にがーちゃんの留学が終わるので、ピックアップするのだけど、ちょっとその前にロンドンをピピ2に案内したいなあと思っています。
がーちゃんをピックアップしたらおフランスへGO!  久方ぶりの欧州に鼻息荒くユーロスターでびゅんびゅん移動します。

子どもが小さい頃は町内からさえ出れず、新宿駅のホームに立ったときでさえ感慨深かったのを考えれば、とうとう欧州まで連れて行けるようになるとは、なんと子供たちが成長したことか……これまたしみじみします。
アジアンビーチの海で遊ばせなくても、美術館を堪能できる年になったとは。ここまで来るのは、本当に死ぬほど長かった。

がーちゃんはすっかりあちらの生活になじみ、エンジョイされているご様子。
はじめのころは、メールで

hayaku minnna ni aitai yo
matane//////
(*&*)//////
(早くみんなに会いたいよお。とパソコンに日本語変換がないのでローマ字で打っている)

なんてかわいい文章を書いてよこしていたのに、最近は電話もあっさり。

クラスは10人ほど。ベネゼイラ人あり、ポルトガル人あり、ベルギー人あり、ロシア人ありとやたら多国籍らしいのだけど、クラスの中心はスペイン語を話すラテンな人々(スペインとベネゼイラ)らしく、やたら楽しいらしい。もともと素質があったのか、ラテンの血爆発。昨日は、国歌の話になり、教室で「君が代」を熱唱。スタンディングオベーションだったそうな。その後みんなにハグされまくったそう。もう楽しくて日本に帰って来れないねえ。そんなノリは日本にないもん。

夜な夜な親睦をかね18歳以上立ち入り禁止の「ディスコ・ナイト」が開かれて、「うまく踊れないよお」なんていじけていたのが嘘みたい。「ディスコ最高!!!!!」だそうな。

やっぱり若いと適応力が違うな。おととい電話で私としゃべっていたら、途中友達に英語で答えていて、いきなり発音がネイティブっぽくなってた。若さってあなどれません。本当にうらやましいです。
関連記事
[ 2010/08/22 22:05 ] つれづれ | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する