ホーム > つれづれ > イギリス紳士

イギリス紳士

mika

旅行から帰ってきました。あまりにエンジョイしすぎて、いつもの日常に戻るのがしんどいです。
特に時差ボケがものすごいことに。
これまで、こんなに時差ボケに苦しんだことはなかったので、もしや年? もしかしなくても年だけど。

他人の旅の話ほど面白くないものはない!とどこかの本に書いてあったので、ちょっとだけ。

ロンドンでとある日、現地ツアーに参加してみました。

「映画ハリーポッターのロケ地をめぐるウォーキングツアー」

タイトルそのまんまのツアーで、ハリポタファンの母娘としては結構期待値が高い代物です。
集合場所に行くと、オーストラリア人親子とカナダ人親子、スペイン人カップルとフィリピン人女の子2人と私たちのこじんまりとしたツアー。案内人は、ものすごくシャイそうなイギリス人のお兄さん。
でも、話すと発音が本当にブリティッシュ・アクセントでキュート! ヒューグラントを彷彿とさせます。

ダイヤゴン横丁やら、魔法省へ行く電話ボックスやらへ、ロケ地めぐり。
のはずが……! その場所へ行っても、微塵も映画の面影が感じられないのはなぜ???

魔法省へ行く電話ボックスのロケ地なんて、電話ボックスが撤去されていて、ただのビルの脇の壁だし。

ダイヤゴン横丁ロケ地
例えば写真は、ダイヤゴン横丁のハリーとハグリッドが立ち話をした場所。がーちゃんにハグリッドと同じ方向を向いて立ってもらいました。
うーん、何も感じられない。

「ロケ地って言っても、ほんと全然わからないですよね。CG加工されているからなんですよね。やっぱりCGってすごいですね。僕たちイギリス人でさえ、言われないと分からないぐらいですよ」
って、兄さん、それじゃあこのツアーの意味が……。
でも、本当に申し訳なさそうに言うので、可哀そうになってくる。まあ、仕方ないかあ。ロンドンの街、お散歩ツアーだと思えば。

ツアーの最後は、有名なキングクロス駅の9と4分の3番ホームの壁。ここだけは、観光客用に壁が用意してあって、写真撮影用のカートまで置いてあったので、お兄さんもうれしそう。
「本日一番のビッグポイントです!」って、言ってた。
もう、最後だけど。

キングクロス駅9と4分の3番ホーム
張り切って、1枚撮ってみました。でも、なんか映画と違う。
なぜなら、本当のロケ地は↓だからです。
キングクロス9と4分の3番ホーム本当のロケ地
こっちは写真撮影不可。

「撮影場所に行っても分からないって、映画の技術がすごいってことですよね。ほんと、映画って素晴らしい!」
が、ポイントごとのお兄さんの決め台詞。淀川長治かいっ?

最後の最後「今日はみなさま、お楽しみ頂けましたでしょうか?」と不安そう。もう、いい人オーラが全開で、慰めてあげたいぐらいです。

「ものすごく楽しかったですよ!」とがーちゃんが言いにいくと(偉いぞ!がーちゃん!)、ものすごくうれしそうに満面の笑みで照れてました。
sunaokun

ハリポタファン的にはがっかりだけど、気持ちのいいお散歩ができました。
スペイン人カップルのお熱いラブシーンも見れたし。でも、あんなにチューするんなら、別にこのツアーに参加しなくてもいいかな。

関連記事
[ 2010/09/14 14:43 ] つれづれ | トラックバック(-) | CM(2)
試写会は無事見れたかしら? 私は漫画の原作を読んだことがあるのだけど、あれをどう、映像化するのかなあと。漫画だと、そこそこ美しいのだけど、生身の人間だとどうなる?
近頃周囲で嵐ファンが急増中。ものすごい勢いだよねえ。日本中、嵐一色みたいな。一大現象だねっ!
[ 2010/09/23 14:28 ] [ 編集 ]
女3人のイギリス旅行、楽しそう!v-344 
私は人の旅行話大好きだから、今度ゆっくり聞かせてください。写真も見せてねi-233
ハリーポッターの痕跡は無いのかもしれませんが、やっぱり綺麗な街並みですね。そして、日本で猛暑を耐えていた身としては、皆さんの厚着ウェアにびっくりです・・i-183
私も、昔よりずっと時差ぼけがひどくなったような気が・・やはり年のせい!?
[ 2010/09/15 08:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

MIKA OTANI

Author:MIKA OTANI


生け花サロン・アトリエ双香を主宰。毎日のさりげない遊びで日常をゆるやかに過ごせたらいいな。
そう思います。
http://www.atelier-soka.com
http://www.mika-otani.com