試験管で花器を作る

試験管花器1

10月のアトリエは、「試験管を使って花器を作る」でした。

いつも余った花材を、「ガラスのコップか何かに入れてね!」などと言っていたのだけど、そういう中途半端な花材も主役になれるような、そんな花器が欲しくて作りました。

使った試験管は7本。そこに花や葉を入れるだけなので、あまりいけるバランスなどを考える必要もなく、華やかなアレンジに仕上がります。

試験管花器2

花器の下に敷いたのは、本物の白樺の皮。花器にからませている緑の葉は、実はフェイク、つまり人工の葉っぱです。本物と偽物を合わせて使うことで、フェイクはフェイクとばれずにすみます。

試験管花器3

花器だけ見ると、こんな感じ。
試験管花器のみ

試験管は長いものを2本、短いものを5本。
試験管花器アップ

さて、この花器。季節を盛り上げるのにも応用力があります。例えば、お正月なら、華やかな皿に石を敷き詰めた上に花器をおき、フェイクの緑の変わりに水引を試験管にからめます。
少量の松と何か赤い花(写真はフェイクの椿ですが、千両がベスト)で、お客様をお迎えする雅なアレンジの出来上がりです。
試験管花器正月
次は春バージョン。ガラスの花器の中で、ビー玉を敷き詰めると透明感を演出できます。
試験管花器春

お花は残念ながらフェイクですが、これが生のチューリップだったりすると、もう春色全開。試験管のまわりに、お花の形に切ったフェルトをつけました。
試験管花器春2

クリスマスなら、柊をいけて、小さなオーナメントを飾ったり……でしょうか?

また、クリスマスバージョンはクリスマスのときに、報告しますね。
関連記事
[ 2010/11/01 23:12 ] いけばな・フラワーアレンジphoto | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

MIKA OTANI

Author:MIKA OTANI


生け花サロン・アトリエ双香を主宰。毎日のさりげない遊びで日常をゆるやかに過ごせたらいいな。
そう思います。
http://www.atelier-soka.com
http://www.mika-otani.com