ホーム > 今日のおばんざい > アボガドのアンチョビ風味チーズがけ

アボガドのアンチョビ風味チーズがけ

アボガド

以前、地元のお友達と近所のワインバーのようなところで食べたアボガド料理がおいしかったなあ、と急に思い出し作ってみました。

アンチョビ風味の爽やかな風味とその上のトロトロ・チーズが最高です。

作り方は紹介するのもどうかと思われるほど簡単。
アンチョビソースは、缶詰のアンチョビ1/2切れとにんにくのみじん切り1かけ分、白ワインビネガー大さじ1/2、水大さじ1/2、砂糖小さじ1/2を混ぜ合わせたもの。それを半分に切ったアボガドにかけ、ピザ用チーズをたっぷりかけて、オーブントースターで10分ぐらい。
以上です。
ぜひお試しくださいませ。

さて、先日、仕事で京橋と自宅を車で往復するはめになりました。
自慢じゃありませんが、世田谷ご近所ドライバーの私にとって、これはかなりの大冒険! 
「ナビあるでしょ!」と運転がうまい人は言うけれど、ナビがあったからって、うまく道を曲がれないんですよ、初心者は!(免許を取って20年以上たつけど)

今回も運転していてつくづく思ったけど、ナビの「ななめ左です!」とか「ややななめ右です!」とかが嫌い。「ななめ」って一体何でしょう? 
いっぱい道が広がっていて、どれが「ななめ左」なのか、私には瞬時に判断できないのです。

道を間違えた後のナビの沈黙が嫌い。
今までえらく張り切って案内していたのに、急に静かになっちゃって。
マップ上の方向を示す青い線とかも消えるし。
「ああ、やっぱり、あれはななめ左じゃなかったんだなあ」と一人どんより気分を味わいます。「大丈夫だ! できる! できる!」とか、間違えたときこそ応援してくれる熱い「松岡修三ナビ」が欲しいです。

行きはなんとかスムーズに到着。ところが、帰りは「霞が関インター」へ行けという指示が出て、銀座のど真ん中や日比谷を走りぬけなくてはいけないことに。「なぜ、来たときの京橋インターではないの?」と悩みつつ、銀座横断。自分で自分に感動しました。すごい! こんなところを車で走る日が来るとは!

結局めちゃくちゃに道を間違え、なんとかインターまで到着し、へとへとになりながら家に到着。翌日パソコンで調べたら、一番近いインターはやっぱり「京橋インター」で、私は「しなくてもいい冒険」をしたことを知りました。

うちの家はナビのことを「ビリー隊長」と呼んでいるんだけど、なぜビリーはわざわざ遠いインターを私に指示したのか今でも謎。
もしやビリーのいじわる? 

心の底からビリー隊長に立腹しているのだけど(2、3発、殴ってやりたい!)、電化製品は目の前で悪口を言うと壊れる傾向があるから、車の中では彼の陰口を叩かないようにしています。
関連記事
[ 2011/02/02 19:45 ] 今日のおばんざい | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

MIKA OTANI

Author:MIKA OTANI


生け花サロン・アトリエ双香を主宰。毎日のさりげない遊びで日常をゆるやかに過ごせたらいいな。
そう思います。
http://www.atelier-soka.com
http://www.mika-otani.com