ホーム > カテゴリー - いけばな・フラワーアレンジphoto

六古窯カタログ用にいけこみのお仕事

アトリエ双香・大谷美香 作品

今日は、先月行われた花器パンフレット制作のためのいけこみ仕事をレポートしたいと思います。

kaki-projectという名前で、六古窯(信楽焼、備前焼、丹波焼、越前焼、瀬戸焼、常滑焼)、釉薬を使わない焼き方で1000年以上続く日本の伝統窯を応援していこう、もっと売っていこうという試みで、作家さんの花器ショップがオープンすることになり、そのカタログ、Web展開での花のアレンジを任されています。

先日は、カタログの中で使用するイメージ写真を撮影するため、スタジオでいけこみを行いました。
それが、まず上の写真。左にあるモニターで、露出などを確認します。

アトリエ双香・大谷美香 作品
まずは、白く着色したカラタチをメインにモダンないけこみをデザインしてみました。
もしタイトルをつけるなら、「花火」
アトリエ双香・大谷美香 作品
白バックでは、優しい雰囲気ですが、もう少しアートな雰囲気も醸し出したくて、黒バック紙でも撮影しました。
アトリエ双香・大谷美香 作品
赤い花火のように見えているのは、アリウム・シュベルティ。ドライにしたものを赤く染めています。
アトリエ双香・大谷美香 作品
合わせた生花は、グロリオーサ。グロリオーサ単体でも、見方によっては、花火のようなお花ですよね。
お仕事ということもあって、立派なグロリオーサをふんだんに生けました。ゴージャス感が溢れ出るお花です。

2.jpg
次はいよいよ以前クライアントさんに雰囲気を確認してもらうためいけた流木です。
1.jpg
流木は、素敵ですが重いです。枝ではなく木の幹ですから。こうやって、特別なお花屋さんに来てもらって、2人で支えながら、スクリュードライバーを打ち込んで固定していきます。

3.jpg
こちらが、その生け花界では有名なお花屋さん。今回のスペシャルな花材は、全てこのお花屋さんに発注しました。
まあ、普通の花屋には売ってないものばかりです。
椿も全て咲かせて持ってきてくれました。それも、一輪一輪色が違う極上の椿。
「ほら、あそこの色いいでしょ!」「おおー!」と感動している写真が上です。
4.jpg
そしてこちら完成作品。
5.jpg
椿の花びらを散らしてみました。

生け花の作品は、生ける度に素材やその日の感覚で違ってくるので、前回の試し生けのときと、また少し雰囲気が違うのがお分かり頂けますでしょうか?
ちなみに試し生けのときのブログ記事がこちら
個人的には、今回のほうが私っぽいような気がしています。

IMG_2751.jpg
まずは、椿が豪華で華やかだったのと、
IMG_2752.jpg

IMG_2753.jpg
竹のラインも、大胆に自由に躍らせることが出来たような。

さて、次は桜。昼バージョンと
IMG_2759.jpg
夜バージョン
IMG_2770.jpg

ここに載せている写真は、どれも私のiphone写真なので、カタログやWebに載るのは、カメラマンさんの撮ったもっといい感じの写真なので、期待していてください。
IMG_2769.jpg
桜もいろいろありますが、これは都(みやこ)桜。珍しい貴重な桜です。
これもわざわざお花屋さんが室(むろ)に入れて、この日のために満開にしてくれていました。
IMG_2766.jpg
緑の葉っぱはイタヤカエデ。子どもの手のひらのような形をしていて、可愛らしい。
イタヤカエデも、撮影のあった4月初めだと、本当は葉っぱが出ていない状態が普通。
明るい日は外にだし、夜になると室に入れて、数ヶ月丹精をこめてお花屋さんが育てたものを使わせてもらっています。

最後は、カタログの表紙に使えるようにと、花器をメインにした写真を撮影しました。
IMG_2771.jpg

IMG_2772.jpg

番外編で、作っていく過程の写真もぜひ。
6.jpg
何もないところから
7.jpg
入れていく入れていく。
8.jpg
しゃがむしゃがむ。です。

スタジオの全体像はこんな感じ。
9.jpg

以上で撮影終了となりました。
楽しかったです!
またカタログやWebができたら、ご報告しますね。

さて、前回お話ししたカガミクリスタルのサイトは、公開になりました。
カガミクリスタル・トップページ

トップページで、イメージ画像が次々入れ替わります。こちらの写真が全て、この間のスタイリングのお仕事です。
web1.jpg
こんな感じとか。
web2.jpg
こんな感じとか。
続きはぜひWebで!(笑)

また、雑誌の連載的に、お洒落な食器の使い方が紹介されるページがあります。下です。
カガミスタイル
カガミクリスタルのある暮らしをどんどん紹介していく予定で、こちらのスタイリングも担当しました。
まずは、第1回目「江戸切子のペア冷酒杯」を見てくださいね。
夫婦で、親子で過ごす時間がいとおしくなる、江戸切子のペア冷酒杯

そして、話は飛びますが、日本の文化を東京在住の外国人に紹介している団体から、生け花の講義とデモンストレーションを依頼されました。
こちらは、5月31日(土)です。
2時間、英語でやりまーす。素敵なジョークが言えるといいのですが。目指せジョブズです(笑)
こちらがその紹介記事
初めて生け花を見る人ばかりなので、どんな風に魅力を伝えられるか、どんなものを生けたら感動してもらえるか、31日まで試行錯誤しようと思っています。

以上、長いブログとなってしまいました。
ここまでお付き合い頂きまして、本当にありがとうございました。
5月は怒涛の忙しさになりそうなので、矢継ぎばやの更新とにはなりそうにありませんが、どうかお許しください。

みなさま、素敵な春の日を!
[ 2014/05/12 23:09 ] いけばな・フラワーアレンジphoto | トラックバック(-) | CM(0)

明けましておめでとうございます!

P1050930.jpg

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

さて、上は今年いけた正月花。実は12月末のお稽古用の花材が余っていたので、それを使用しました。
やっぱり、お花を捨てるのは、とてもしのびなくて。

P1050938.jpg
金柳を輪にします。この輪にした分だけ、お願いごとが叶うと言われているのですが、そういうことを考えると、輪だらけの生け花になってしまうので、まあ、ここは抑え気味に。
P1050934.jpg
紅白の水引をひっかけて。水引があると、めでたい雰囲気が高まりますね。
P1050932.jpg
柳をふわーーーとさせるのが今回のポイントでした。柳って、こう優しい感じでしなるのですよね。大好きです。
P1050935.jpg
実ものを正月花に加えるのは、実が子孫繁栄の象徴だからです。

さて、上のいけこみを終えると、少し半端な松が余りました。でも、あまりに可愛らしいので、捨てられずに作ったのがこれです。
P1050953.jpg
松がちょっと人っぽくて、可愛くないですか?

そして、もうひとつおまけにこれ。
P1050950.jpg
余った松を、谷渡りという葉っぱでサンドイッチにしてみました。

とやり続けると終わりがないのが生け花です。
下はあまった実とねこ柳を使って。曲線で遊んでみました。
P1050939.jpg

1月に終えたお稽古レポートは次回にまわすとして、1月初旬にあった草月流の新年会のことを少し。

毎年、草月流では流派のものが集まって新年会が行われます。
今年は、1月11日に去年と同じニューオオクラで行われました。

家元のご挨拶があって、酒樽割り。
0136abf733e94e01b636d35693575414388d115407.jpg

私も素敵ないけこみの前で記念撮影してきました。
0141d63eac8f158a4a736c5be178b194e4043d0ef5.jpg
なんだか、旅館のポスターっぽい感じになってしまってはいますが(笑)

新しい年というのは、「新」とつくだけで気持ちが文字通り「新しく」なります。

また今年も、生徒のみなさんと楽しく笑いながら、どんどん「生け花」を「創造る(つくる)」ことができたらと思います。

どうか今年もよろしくお願い致します!
[ 2014/02/03 16:29 ] いけばな・フラワーアレンジphoto | トラックバック(-) | CM(0)

冨田双康展・師匠の個展に弟子が集結の巻

冨田双康展全体写真

私のいけばなの師匠、冨田双康先生の個展が先日、草月会館で行われました。草月会館は入り口を入ると、何ともアーティスティックな石庭がひろがっています。イサムノグチ作の「天国」です。
この「天国」を舞台に個展が開かれました。

今年86歳の師匠は、初代家元からいけばなの手ほどきを受け、2代目家元、3代目家元、そして現在の4代目家元まで、各家元に師事した「草月の歴史」を感じさせる壮大な人です。

今回はこれまでのいけばな人生の代表作を復活させるということで(いわば回顧展です)、弟子が集結。師匠は、オーケストラでいう指揮者、そして弟子たちは、楽器の演奏者という感じでしょうか。とにかく、師匠の言うとおりに作品を仕上げていきます。

せっかくなので、みなさんにもぜひ作品の一部をお見せしますね。

冨田師匠作品1 冨田師匠作品2

右側の作品は、「倒れそうで倒れない椅子」アンバランスの妙が際立った作品です。

冨田師匠作品4 師匠作品6

右側の作品は、カスミソウとソリダコという平凡な花材を使いながら、巧みに水引を加えることで、繊細ながらも華麗な作品に仕上がっています。

冨田師匠作品3 冨田師匠作品7

左側のまるであしかが遊んでいるような作品が、私は一番好きです。海で偶然見つけた流木だそうです。師匠の作品には、いつもところごころに、人の心を和ませるユーモラスなセンスが散りばめられていて、それが、私はとても好きです。

師匠大作2 師匠大作3

最上部に飾られた巨大な作品。大きすぎて、うまく写真に納まりません。全体像はこうです。

師匠大作1

さて、ここで草月流の説明を少し。
今日本にはいけばなの流派は、数千あるそうです。多くの流派は、伝統的な「型」を大切にしています。
仏様に奉納する仏教を色濃く反映した「型」や室町のころから続く「型」など、流派によってその「型」のタイプはいろいろですが、「型」だけにこだわり続けるのが、私は好きでありません。
もちろん伝統は大切ですが、時代は今「平成」なわけですし、時代時代を反映していくのがアートの自然な姿だと思っているからです。
「型」ばかりだと、結局誰がいけても同じ花が量産されるわけで、その人の個性を出すことのできないものになります。創作に悩むことはなく、心は静められると思うので、一種「写経」のようなものでしょうか。

草月流もはじめは「花型」を勉強しますが、その後は全くの「自由」となります。
「誰でも、どこでも、どんな材料でも、できる」が草月スピリットなので、師匠の作品のように、花以外の材料(鉄や石膏)を多用する作品が生まれます。

「自由」ということは、「終わりがない」ということ。この創造へのハングリー精神が草月だと私は思っています。そして、そんなクリエーティブ魂が今も全く衰えないのが私の師匠です。

86歳なのにエネルギッシュ。のんびりしているようで、作品は独創的。この師匠がいなかったら、というより、いけばなの枠を超えた師匠の作品に出会わなかったら、20年前、私は弟子入りしなかっただろうし、多分20年以上もいけばなを続けることもなかったと思います。

「いけばな」は奥が深いです。本当に。底なしですね(笑)

もっと個展の作品を見たい方は、下のリンクをどうぞ。
個展の作品数々

では、本日も長い間お付き合い頂き、ありがとうございました。
[ 2012/11/14 23:00 ] いけばな・フラワーアレンジphoto | トラックバック(-) | CM(0)

鉄オブジェ制作

生け花教室に興味をお持ちの方は、目次の「アトリエ双香」の記事をご覧になってください。
毎回のレッスンの様子を、レポートしています。
7月のレッスンの様子はこちら→ 7月の第4週目のレッスン

アトリエ双香 鉄オブジェ4

実は5月のことになりますが、鉄オブジェを制作しました。今日はそのことを少し。

生け花と西洋のいわゆるフラワーアレンジが決定的に違うのは、生け花が植物の「線」をとても大切にしているということ。作品を「線」と「塊」で考えています。「線」は、枝のラインや茎のライン、「塊」は花です。いかに「線」と「塊」を作品に取り入れて、自然の美をアートに変換するかが「生け花」

逆にフラワーアレンジメントは、花の美を重視する「塊」の美で、どんな「塊」をつくるか、その色の組み合わせや「塊」自体の形にこだわっています。

生け花をずっとやっていると、花材を見たとき、ぞのラインを頭にコピーして、どの「線」をいかすか、どの「線」を捨てるか模索する、そんな作業が続きます。傍で見ていると、ぼんやりしているだけのように見えますが(笑)

そうこうするうちに、「線」を自分で作れたら!と思うようになり、「そうだ、鉄で作ろう!」ということになるわけです。そうやって、草月流では、この鉄オブジェを創る人がぽつりぽつり現れます。

「花じゃないのではないか?」と言われそうですが、この鉄オブジェ、頭の中の思考パターン的には、全く生け花と一緒なのです。
元々自由な流派なので、鉄オブジェは完全に生け花として認められていて、展覧会などに出かけると、鉄オブジェを自分の作品として出展している作家さんも数人いらっしゃいます。

そんなわけで鉄オブジェを創りました。初めてではないので、さすがに慣れてきました。
過去の鉄オブジェの記事はこちらから→去年の鉄オブジェ

去年までは、自分の師匠の知り合いの鉄工場で作業していたのですが、なんとこの不況で倒産。今年は、草月本部のアトリエに行ってきました。アトリエは、そうですね、いわば家元の作業場みたいなところです。

全国から集まった草月流の先生は10人ほど。

アトリエ双香 鉄オブジェ2

まず、アトリエで余った鉄などが床に置かれいます。これをじゃんけんで他の先生方と分け合います(笑)
じゃんけん前、じっと鉄材を全員が見つめている様子はおかしかったです。
私も「あれとあれをくっつけよう!」とか、「あのラインをいかしたい」とか、ずっと頭で作品の形を練っていました。

アトリエ双香 鉄オブジェ1

自分の材料が決まると、自分で作品の形を決めていって、鉄棒なら曲げたり、切ったりします。これが、結構力のいる作業で、もはや大工作業です。
そして、くっつける部分は、アトリエのお兄さんに溶接してもらいます。
「ここ、こうやってくっつけて下さい!」という感じですね。

そして、完成。

アトリエ双香 鉄オブジェ3

できあがったときには、へろへろ状態です。できあがったものに、家でさび止めを塗り、好きな色を塗装して、本当の完成。

一番上の写真は、岩つつじの作品と合わせて撮影したもの。普段は、オブジェだけで様になるので、花がないときなどは、リビングの真ん中にどーんと飾ってあります。

来年は、生け花教室の生徒さんも(希望者)連れていこうかな?と画策中。ただ、本当に置く場所がなくなるんですよねー。鉄オブジェの唯一の欠点は、場所をとる! この1点につきます。

[ 2012/09/02 11:14 ] いけばな・フラワーアレンジphoto | トラックバック(-) | CM(0)

もうすぐ春 いよいよ春

チューリップ1

一歩一歩ですが、春が近づいて来たのを感じます。
特に感じるのは朝、カーテンを開けたとき。
今までは真っ暗だったので、朝のお弁当作りがまるで拷問のようでしたが、少し明るくなってくると気分もそこまで重くならずにすみます。もちろん、出来ることならお弁当作りの毎日から、一刻も早く抜け出したいのだけど、まだまだ次女が高校を卒業するまで先は長くて。

春ということで、今回はチューリップをいけてみました。
まずは上の写真。
チューリップって、ときどき人間っぽく見えることがあります。そこで春を待つ人々をチューリップで表現してみました。表現できていたら、いいのですが。

チューリップ2

上の一輪挿しの写真も実はチューリップ。花弁をわざと反らしていけてみたものです。花って、少し手を加えると、全く違う表情を見せてくれるのが面白いところです。

チューリップ3

これもまた同じチューリップですが、周りに葉っぱをくるくると巻いたものを並べてみました。こうすると、急にポップな雰囲気に。チューリップの葉は、柔らかく、少し布のような触感を持っていて、私はこの葉っぱがかなり好きです。

さて、facebookのほうでも相変わらず花アルバムを作っています。
facebookの花アルバム

facebook上では、海外のフラワーアーティストの方と交流させてもらっているのですが、やっぱり反響が多いのは日本風の生け花。まあ、フラワーアレンジ的なものは、あちらが本場なわけですから、当然と言えば当然ですが、欧米にはないようないけ方をすると、とてもいい反応をもらえます。例えばこんな感じ。

和風

さて、お花を離れた話では、先日バレンタインデーが終わってほっとしました。そうです! 「友チョコ」作りの重責を終えました。
作ったチョコはこれ!
バレンタイン

みんなこっちを向いていて、ちょっと怖いですね。実はこれ、市販のチョコを組み合わせただけのチョコ犬です。目立つ上に、生地から作っていないからラクラク。お菓子メーカーのHPでこのチョコを発見したときは、思わず狂喜の雄叫びをあげそうになりました。来年も絶対これでいく!と、娘ともども、そう決めています。

壮行会

上の写真を春から新しい生活を始めるお友だちに贈ったお花。
勤めていた出版社をやめて、京都でギャラリー兼カフェを開くそう。「家族連れで泊まってもいいよ」と言われ、絶対絶対行く!と心に決めています。彼女に素晴らしい未来が待ち構えていますように。

いろんな意味で、もうすぐ春ですね。

[ 2012/02/23 20:48 ] いけばな・フラワーアレンジphoto | トラックバック(-) | CM(0)